イネ科花粉症と食事の関係!良い悪い飲み物食べ物のまとめ!

イネ科花粉症を悪化させる原因は、日常生活に潜んでいることが多くあります。特に食べ物です。

実は、何気ない食生活の結果、イネ科花粉を悪化させていることがあります。

食生活を変えたり腸内環境を改善させるだけで、イネ科花粉が楽になる可能性が高くなります。

今回は、イネ科花粉症に有効な食べ物と悪い食べ物をまとめました。

参考にしてください。

 

 

イネ科花粉症とは?

 

 

イネ科花粉症ですが、5月頃から9月頃までイネ科の植物の花粉が飛散することで発症します。

イネ科の花粉は専門家でも検査中には、見分けがつかないこともある、似たような花粉が多くあります。

その為、1つのイネ科の植物の花粉にアレルギーを起こしますと、連鎖的に他のイネ科の植物の花粉にも、アレルギーを起こすことがあります。

 

結果として約4カ月間もの期間、イネ科花粉症に悩まされることもあります。

 

イネ科花粉症に効くサプリはこちらをクリック

 

 

イネ科花粉症を悪化させる食べ物は?

 

 

では、イネ科花粉症を悪化させる食べ物があります。それは、イネ科の植物を使った食べ物です。

花粉症などのアレルギーの原因は、体内にアレルギーの原因物質を貯め過ぎた結果、アレルギー反応をあらわれてしまいます。

つまり、イネ科花粉症の原因である、イネ科の植物を体内に貯め続けると、重いイネ科花粉症になってしまいます。

では、どのような食品があるのかといえば、パンやうどんなどのようなものが上げられます。

これは小麦が原料ですから食べ続けるのは、症状が悪化することに繋がります。

そして、イネ科の植物を加工した食品である、米油やコーン油も症状を悪化させる原因になります。

 

他にも、スナック菓子、ケーキ、ビスケット、これらの食品も大量にイネ科の植物が使われています。その為、あまり食べないようにしておきましょう。

イネ科の植物を使った食品を食べて運動をしますと、アナフィラキシーショックを起こす危険性もあります。

イネ科花粉症の時期である、5月から9月頃までは、これらのイネ科の食品は避けておいた方が、無難といえます。

また、マーガリンやショートニングは口にしないようにしましょう。食べるプラスチックと言われており、アレルギーを発症しやすい体へと変化させてしまいます。その他遺伝子に異常を引き起こすほどの有害物質です。

菓子パンやケーキの原材料を見てマーガリンやショートニングと書いてあったら、食べるのは止めましょう。

 

イネ科花粉症に有効な食べ物

 

 

イネ科花粉症に有効な食べ物を説明する前に、人間の免疫力を上げる栄養素は、タンパク質です。また、ミネラル分やビタミン分なども有効です。

では、どのような食品を食べた方がいいのか。まずは、タンパク質を摂取できるのは、肉や魚、豆類から摂取できます。

また、青魚にはドコサヘキサエン酸が含まれており、これはアレルギー症状を抑える効果があります。

優良なタンパク質を含んでいる卵は食べ過ぎると逆に症状が悪化しますので注意が必要です。

ダイエット中には、タンパク質が不足しがちですが、豆類を食べると余分な脂質を摂取することなく、タンパク質を摂取することができます。

大豆に関しては、抗菌化作用のあるポリフェノールが多く含まれていますので、摂取して損はありません。

また、ヨーグルトや乳酸菌なども有用です。乳酸菌は体内の腸内環境を正常化させる働きがあり、腸内環境は正常化されると免疫力が高まり、イネ科花粉症の症状が和らぎます。

 

乳酸菌画像

 

イネ科花粉症の飛散時期は5~9月と長いので、5か月間ずっとアレグラなどの抗アレルギー薬を内服しつづけると体に負担がかかります。

そこでオススメなのが毎日、長期間服用しても体に負担がかからない乳酸菌サプリを使用する方法があります。乳酸菌を摂取することで腸内の環境が改善されて免疫力がアップします。アレルギーの症状は腸内環境の異常が原因と言われています。

乳酸菌といえば毎日ヨーグルトを食べることを思い浮かべる人も多いと思いますが、市販のヨーグルトや乳酸菌サプリは、乳酸菌が腸に到達するまえに、胃酸で生命力が失われて効果がかなり減ってしまいます。それに毎日ヨーグルトを食べるのは思いのほか大変です。

オススメするのはラクトプランという乳酸菌サプリメントです。このサプリはl-137という種類の乳酸菌を特殊な加熱加工をすることによって、HK-l137という種類の乳酸菌に変化させてHK-l137を使用しています。

通常の乳酸菌であれば、熱を加えると死んでしまい効果が無くなってしまいますが、l-137は加熱することによってさらに生命力が増します。

これによって、腸まで生命力が強い状態で乳酸菌を送り届けることができ、アレルギーの症状を効果的に緩和できます。

ラクトプランを飲み始めて2週間ほどで体の調子が良くなる実感をした人もいます。つまり効果の即効性が高いということです。

継続して3か月以上使用した人が、購入者の9割を占めていることからもわかる通り、長期で使用することによって体の状態の良さを実感している人が非常に多いです。

l-137を含んでいる製品はラクトプランしかなく、ラクトプランは市販で販売されておりません。公式サイトでのみ購入することができます。

今なら初回お試し1か月で1500円で、1日あたり約50円です。これは市販の抗アレルギー薬であるアレグラの半額以下の値段となっています。(アレグラは1日あたり100~150円かかります。)

副作用もありませんし、継続して長期間服用しても何も問題ないばかりか、体の免疫力が高まるので、風邪やインフルエンザにもかかりづらくなります。ある実験によるとワクチンと同等の効果があったそうです。

ラクトプランは以下から購入することができます。

 

ラクトプランの詳しい口コミは?

 

 

イネ科花粉症の症状を抑える飲料は?

 

 

抗菌化作用がある飲料を飲むと、イネ科花粉症の症状を抑えることができます。

特に、緑茶やワイン、そして豆乳などは、予防効果が高いといえます。

お茶を毎日飲むようにするだけで、効果があります。

豆乳は大豆から作られたものですから、大豆の持つタンパク質やポリフェノールを体内に摂取することができます。

 

 

イネ科花粉症を悪化させる飲み物は?

 

 

これは、ビールです。ビールは麦から作りますので、イネ科花粉症を悪化させる原因に十分になります。

その為、イネ科花粉症の時期には、お酒が飲みたくなったらビールではなくワインを飲むようにすると、イネ科花粉症の症状を抑えることができます。

カモガヤ花粉症の時期いつまで?対策と症状と薬

イネ科花粉症とカモガヤの対策は?アレルギー検査

イネ科花粉症の対策と治療法と原因

 

 

イネ科花粉症の症状の予防対策まとめ

 

 

基本的に、栄養バランスを考えて食品を食べることで、健康維持することができます。

しかし、食生活でイネ科花粉症の症状を改善するのは時間がかかりますし、現代社会は体にとって有害な添加物で溢れています。

なので乳酸菌サプリを摂取して腸内環境の状態を良くしてアレルギーに強い免疫力を作ることが、副作用もなく一番です。

イネ科花粉症に効くサプリはこちらをクリック

ブタクサアレルギーの症状や治療

ブタクサ花粉症の飛散時期ピーク予想は?バナナで症状が悪化?

カモガヤアレルギーと果物のメロンスイカの関係!小麦は?



こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ