カモガヤアレルギーの対策時期!皮膚や蕁麻疹や目や肌荒れについては?

カモガヤアレルギーの対策時期は4月から7月です。
特に5月から6月以降は、対策を怠ると
蕁麻疹や肌荒れの原因となります。

カモガヤ画像

カモガヤは日本全国、
いたるところに生えている雑草です。

花粉の飛散範囲は狭いのですが、
非情に厄介な花粉であるといえます。

特に女性の方がアレルギー反応は強く
出ますので、対策は必要です。

本記事では、カモガヤアレルギーの
対策について解説をしていきます。
参考にしてください。

 

 

目次(クリックするとスクロールします)

カモガヤアレルギーとは?

 

 

カモガヤは、日本全国、どこにでも生えているイネ科の雑草です。そして、5月から7月まで花粉を飛散させます。

スギ花粉やヒノキ花粉症を患っていると、カモガヤ花粉症を併発しやすくなります。

カモガヤの花粉症になりますと、他のイネ科の植物の花粉症にもかかりやすくなります。

 

 

つまり、スギ・ヒノキ花粉からイネ科花粉症にもかかり、1年の半分を花粉症に悩まされながら、過ごすことになります。

また、カモガヤアレルギーになりますと、メロンやスイカ、トマトといった食べ物を食べることで、口内や喉が痒くなったり、顔が腫れたりすることがあります。

これは口腔アレルギーといいまして、カモガヤの花粉が飛散していない季節に関係なく、特定の食べ物を食べるとアレルギーを発症してしまいます。

 

カモガヤアレルギーに効くサプリはこちらをクリック

 

口腔アレルギーは、メロンやスイカ、トマトには、
カモガヤの花粉に似た成分が含まれています。
つまり、カモガヤの花粉を食べていることになります。

口内だけではありません。
肌にも、カモガヤアレルギーは
深刻なダメージを与えます。

メロンやスイカ、トマトを食べたり、
直接、カモガヤの花粉が体に触れたりしますと、
蕁麻疹ができることがあります。

 

 

良く女性に見られるアレルギー反応で、
どうして蕁麻疹が出来るのなど、メカニズムは、
現在でもよく解っていない
のです。

男性にはあまり見られない症状ですが、
女性は化粧品を使用するので、その影響で
蕁麻疹ができるのでは、という仮説
もあります。

蕁麻疹や強い痒みが肌におきますが、
痒いのでかいてしまいますと悪化します。
なるべく、触らないようにしておいてください。

 

 

我慢が出来ないほどの痒みがあるのなら、
病院へ行き抗アレルギー剤を処方
してもらいます。

血液検査をしてもらえば、何が原因で
蕁麻疹となったのか、
アレルゲンを特定することができます。

イネ科の植物は似ていますので、
カモガヤアレルギーなのか、
別のアレルギーなのか特定しておいた方が安全です。

 

 

カモガヤ花粉症の予防対策は?

 

 

最善の予防対策方法は、カモガヤの花粉を体内に侵入しても平気なように体内の免疫力を高めることです。

カモガヤが花粉を飛散させる時期には、カモガヤの近くへ近づかないこともが重要になってきますが、カモガヤは外の公園や土手、道端など至るところにあるので、カモガヤ花粉を避けるのは難しいです。

カモガヤなどのイネ科の植物は、飛散範囲が狭いのですが、大量に密集しています。

そして、カモガヤ花粉の飛散時期は5~9月なので、マスクやゴーグルをして花粉を防ぐのは現実的に厳しいです。

また、カモガヤの花粉飛散時期は、小麦をはじめとする、イネ科の植物を食べるのは避けておきましょう。

パンやうどん、スナック菓子、クッキーなど、特に洋菓子は小麦粉と卵、砂糖とアレルギー症状を悪化させる食品が含まれています。

マーガリンやショートニングとなどの添加物もアレルギー悪化の原因となります。食品を購入するときは原材料名をチェックするように気を付けましょう。

カモガヤ花粉の飛散時期は5~9月と長いので、5か月間ずっと抗アレルギー薬を内服しつづけると体に負担がかかります。

そこでオススメなのが毎日、長期間服用しても体に負担がかからない乳酸菌サプリを使用する方法があります。乳酸菌を摂取することで腸内の環境が改善されて免疫力がアップします。アレルギーの症状は腸内環境の異常が原因と言われています。

 

乳酸菌の画像

 

乳酸菌といえば毎日ヨーグルトを食べることを思い浮かべる人も多いと思いますが、市販のヨーグルトや乳酸菌サプリは、乳酸菌が腸に到達するまえに、胃酸で生命力が失われて効果がかなり減ってしまいます。それに毎日ヨーグルトを食べるのは思いのほか大変です。

オススメするのはラクトプランという乳酸菌サプリメントです。このサプリはl-137という種類の乳酸菌を特殊な加熱加工をすることによって、HK-l137という種類の乳酸菌に変化させてHK-l137を使用しています。

通常の乳酸菌であれば、熱を加えると死んでしまい効果が無くなってしまいますが、l-137は加熱することによってさらに生命力が増します。

これによって、腸まで生命力が強い状態で乳酸菌を送り届けることができ、アレルギーの症状を効果的に緩和できます。

ラクトプランを飲み始めて2週間ほどで体の調子が良くなる実感をした人もいます。つまり効果の即効性が高いということです。

継続して3か月以上使用した人が、購入者の9割を占めていることからもわかる通り、長期で使用することによって体の状態の良さを実感している人が非常に多いです。

l-137を含んでいる製品はラクトプランしかなく、ラクトプランは市販で販売されておりません。公式サイトでのみ購入することができます。

今なら初回お試し1か月で1500円で、1日あたり約50円です。これは市販の抗アレルギー薬であるアレグラの半額以下の値段となっています。(アレグラは1日あたり100~150円かかります。)

副作用もありませんし、継続して長期間服用しても何も問題ないばかりか、体の免疫力が高まるので、風邪やインフルエンザにもかかりづらくなります。ある実験によるとワクチンと同等の効果があったそうです。

ラクトプランは以下から購入することができます。

 

ラクトプランの詳しい口コミは?

 

カモガヤアレルギーの原因となるカモガヤ花粉は初夏~秋の暑い時期によく飛散します。マスクやゴーグルでブロックすることは現実的ではないので乳酸菌で免疫力をパワーアップして体内にカモガヤ花粉が入ってきてもアレルギーを起こさない強い体にしましょう。

 

夏の花粉症アレルギーの症状と対策と原因!薬は?

花粉症と野菜果物でアナフィラキシーショックは起こる?

ブタクサアレルギーの症状や治療

ブタクサ花粉症の飛散時期ピーク予想は?バナナで症状が悪化?

カモガヤアレルギーと果物のメロンスイカの関係!小麦は?

カモガヤ花粉症の時期いつまで?対策と症状と薬!



こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ