Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kaulia/xn--i6z09j.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

子供の夏風邪は熱だけ?食事の種類や予防や湿疹の治し方は?

夏風邪は大人だけではなく、子供もかかります。
その場合、大人の症状と異なることもあるようです。

子どもは大人よりも抵抗力や免疫力が弱いだけに
親御さんは心配ですよね。またどのような食事が
効果的でしょうか?

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


 

 

子どもの夏風邪の症状は?

 

 

基本的には大人の夏風邪の症状と変わりありません。
鼻水がでたり、喉の痛みや全身のだるさ、といった
冬に起きる普通の風邪と変わりありません

 

 

しかし、子どもの場合、夏風邪の症状が長引いたり
熱だけということがありえます
。これは、生後半年から
2歳くらいの幼児に見られる症状で、夏風邪の症状
が熱だけの時は、突発性湿疹のケースがあります。

また、高熱を伴う場合は、風邪だけが原因ではなく
他の病気を併発している場合もあります。

 

 

例えば、肺炎や溶レン菌、胃腸炎などです。
赤ちゃんや幼児は抵抗力が弱いため、熱が
長引くだけで致命傷になることもありえます。

市販薬や自己流の対応ではなく、病院にすぐに
行って医者の診断を仰ぐことが大事です。

 


スポンサードリンク


 

夏風邪と湿疹の関係

 

 

夏風邪の症状が出たときに、高熱の症状がメイン
の場合は、突発性発疹症の可能性が高いです。

見た目の症状としては最初は熱のみなので判別
しづらいですが、そのうち、体に発疹ができはじめ
ます。年齢的にも生後6ヶ月から2歳くらいまでの
間なので医者に見せれば診断は簡単です。

似たようなものに風疹がありますが、これは高熱は
出ずに、微熱の場合が多く、耳の近辺のリンパ節
が腫れるのが特徴です。

年齢的には2~3歳以降に見られます。

 

 

子どもの夏風邪の治し方や予防は?

 

 

夏風邪といっても、普通の風邪の治し方と基本的には
変わりありません。風邪は一般的には治る薬は
ないので、対処療法といって、風邪薬を飲んで
休養して時間とともに、症状が治まるのを待つ
のが
一般的です。


スポンサードリンク


もちろん、風邪以外の症状だったらまた対処法は
別になりますが。子どもの場合は無意識のうちに
いろいろな場所を触ったり、その手をなめたり
するので衛生管理をしっかりすることが
最良の予防対策となります。

子どもの夏風邪の原因のほとんどが保育園や
幼稚園の出先といわれています。つまり
集団生活のなかで感染しているのです。

夏風邪の食べ物で子供幼児にオススメは?

夏風邪の鼻水は透明でさらさら?治らない?

夏風邪の喉の痛みの治し方は?薬や水泡の原因や治療は?

夏風邪で喉が痛い!ブツブツ激痛や子供や2015,2013年の流行は?

夏風邪の発疹は治らない?保育園や幼稚園の外出は?熱なしでかゆみは?

子供の夏風邪とは?口内炎や咳の症状はクーラーが原因??

夏風邪の高熱は長引く?大人や幼児の解熱剤やエアコン発疹は?

夏風邪2015年の子供大人の症状は高熱?咳鼻水嘔吐頭痛の対処は?
帰宅したら、手洗いうがいを欠かさない。服を
着替えさせる。睡眠時間をいつもより多く
とらせる。

風邪薬は粉状のものは苦くて飲みづらかったり
錠剤タイプは飲み込みづらいので、シロップだと
きちんと飲んでくれます。

汗をしっかりかかせることも、夏風邪の熱を
下げるのにはとても有効です。

こどもの夏風邪の食事は?

子どもの夏風邪の食べ物はとにかく子どもが食べて
くれるメニューにしましょう。おかゆや、経口補水液
などは、確かに消化がよく吸収がよいので
健康的ではありますが、味がまずいので食べてくれない
可能性が高いです。

幼児の味覚は大人よりも敏感なので、ちゃんと
食べやすいように味付けされているものが素直に
食べてくれる
でしょう。

例えばすりおろしたリンゴやゼリーは甘みがあって
風邪を引いた小さいお子さんでも喜んで食べて
くれるに違いありません。

今年の夏風邪2015年の症状は?市販薬や原因や治療対策は?

夏風邪の下痢は子供に腹痛の症状?整腸剤やビオフェルミンは効果ある?

夏風邪の下痢の対処や食べ物は?食事期間や幼児やヨーグルトは?



こんな記事も読まれています

関連記事あります。

コメントを残す

サブコンテンツ