ブタクサアレルギーの咳や肌荒れ、目、皮膚の症状!食事で治す?

ブタクサアレルギーは、咳や肌荒れを起こしやすく、また、目や皮膚にもアレルギー症状が起きます。

ブタクサアレルギーの原因は、ブタクサの花粉です。ブタクサは、北海道を除く日本全国に生息しています。

ブタクサアレルギーの症状を治す、食事療法や眠気などの副作用の心配がないブタクサアレルギーの症状を和らげるサプリメントついても解説をします。参考にしてください。

 

ブタクサ画像

 

またブタクサアレルギーにかかった時に食べてはいけない食事(OAS)について解説します。

 

ブタクサアレルギーの症状を和らげるサプリはこちらをクリック

 

ブタクサアレルギーの症状の咳の治し方は?

 

 

花粉症といえば、春のスギやヒノキ花粉が有名ですが夏や秋にも花粉は飛散しており、夏や秋の時期に咳や鼻水、くしゃみが止まらない場合、花粉症アレルギーが原因かもしれません。

ブタクサはキク科の植物で、夏や秋の花粉症で一番原因となる植物は、イネ科の植物ですがその次に、原因となる植物はキク科のブタクサやヨモギといわれています。

 

秋風邪の症状や対策は?

 

ブタクサアレルギーの原因である、ブタクサの花粉はスギ・ヒノキ花粉と比べると粒子が半分くらい細かく、その為、喉の奥まで入り込みやすくなります。

ブタクサアレルギーの方は、ブタクサの花粉を吸入すると咳が止まらなくなってしまいます。

 

ブタクサは喘息草とも呼ばれているので、ブタクサの花粉が飛散を始める7月から10月頃に咳が止まらなくなるなら、風邪ではなく、ブタクサアレルギーを疑い、病院での受診をしてみることをお勧めします。

初期症状のを放置した結果、喘息に発展することもあります。

咳の症状は、基本的には呼吸によって気管支にブタクサ花粉が入り込むことによって発症します。

スギやヒノキ花粉が飛散する2~5月ならマスクをして花粉をブロックする対策を選択できますがブタクサ花粉が飛散する時期は夏から秋なのでマスクをすると暑苦しいので、現実的な対処方法ではありません。

なので、内服薬を用いてブタクサ花粉が体内に侵入しても平気なように体の内側からアレルギー症状を予防対策していく方法がベストです。

また、咳が出る原因として、鼻水による鼻づまりが原因で口呼吸をせざるをえず、そのことによって喉の痛みや咳を発症してしまうことも多いです。

咳の症状の対策として咳止め薬やアレグラなどの抗ヒスタミン薬を服用することを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、長期間毎日服用すると体に負担がかかるのでオススメはできません。

私のオススメは乳酸菌サプリメントです。腸内環境を改善すれば、アレルギーの症状全般は改善します。乳酸菌を摂取すれば腸内環境はよくなるので、ブタクサアレルギーの症状は和らぎます。

しかし、乳酸菌ならなんでもいいというわけではありません。ヨーグルトや市販のサプリは、乳酸菌の生命力が弱いので腸に届く前に胃酸で大半がやられてしまいます。

ラクトプランというサプリなら、L-137という乳酸菌を特殊な加熱処理をして生命力をパワーアップさせたHK L-137というサプリメントを使用しています。なので乳酸菌の力を効率よく届けることができるので、腸内環境がより早く改善されます。

しかも初回は一日たったの50円でお試しできます。これは、花粉症対策の抗アレルギー内服薬として有名なアレグラの半額以下の価格です。

L-137が含まれているのはラクトプランのみで、市販や他の製品では販売されていません。ラクトプランは以下の公式サイトからのみ購入できます。

ブタクサアレルギーの症状を和らげるサプリはこちらをクリック

 

ブタクサアレルギーによる咳の症状対処法まとめ

内服薬で体の内側からアレルギー症状を抑える

点鼻薬によって鼻づまりを解消する

乳酸菌サプリによって腸内環境を改善してアレルギーに対する免疫を強化する

 

 

ブタクサアレルギーと肌荒れと皮膚の症状

 

 

肌荒れイラスト

 

ブタクサアレルギーに強い反応がある方は、ブタクサが花粉を飛散させる時期になりますと、肌荒れを伴う皮膚の異常といった症状が起きます。

女性は化粧などをしますので、男性よりも皮膚にストレスがかかっています。

そのため、花粉のせいで肌荒れを起こしやすくなります。化粧品の過度な使用が花粉症の肌荒れを引き起こしやすくなるというデータも存在します。

化粧品や日焼け止め、メイクなどには様々な化学物質や添加物が含まれているので、それがブタクサ花粉と反応してしまい、ブタクサアレルギーとして皮膚に赤みやヒリヒリ、肌荒れの症状を起こします。

 

統計データによると、花粉症による肌荒れは女性の顔に発症するケースが一番多いです。

もともと、皮膚には外からの異物をブロックする機能が備わっています。しかし、化粧品によって肌のバリア機能が崩れると、肌に花粉がついただけで、アレルギー症状の原因となってしまいます。

 

 

思い当たる場合、勝手に自己判断をするのではなく病院に通院して、ブタクサがアレルギーの原因か特定をすべきです。

肌荒れの症状がおきて、かゆくなったとしてもかかないようにしてください。余計の症状が悪化してしまいます。

花粉症による肌荒れにはワセリンを薄く塗るのが効果的です。ブタクサアレルギーによって肌が乾燥している場合もあるので肌を保湿して抵抗力を高めるのもよいです。

また乳酸菌によって腸内環境を改善すれば肌のバリア機能も高まりますし、便通改善もあるので美肌効果が期待できます。

 

ブタクサアレルギーの症状を和らげるサプリはこちらをクリック

 

ブタクサアレルギーによる肌荒れ対策まとめ

化粧品やメイクをしない

かゆくてもかかない

ワセリンによるシンプルな花粉ブロック

乳酸菌による免疫力強化

 

 

ブタクサアレルギーによる目のかゆみの予防対策は?

 

目のかゆみ

 

 

ブタクサアレルギーの症状に、
目のかゆみというのがあります。

さらに、目の充血、涙が出るという症状があります。

ブタクサが花粉を飛散させる時期は、
地域により異なってきます。

全国的には7月から10月頃ですが、
寒い地域では飛散のピーク時が8月から9月頃、
温暖な地域では飛散のピーク時が9月から10月頃と
時期がわずかに異なります。

 

自身が住む地域の、ブタクサの花粉の
飛散ピーク時期と目が痒くなる時期が
近いのであれば、ブタクサアレルギーを
疑ってみるといいでしょう。

また、全国的なブタクサの花粉の飛散時期が過ぎても、
僅かですが、花粉は飛散していますので、
10月が過ぎたからといって、花粉対策をすぐに止めると
目が痛み、咳が止まらなくなることもあります。

また、目が痒いからといって、
目を擦ると余計に症状が悪化
したり、角膜が傷つく原因となります。

ブタクサ花粉に対してはゴーグルやメガネを
して花粉から目を守るという選択肢もありますが
ブタクサ花粉が飛散する時期は、夏から秋なので
花粉症対策専用の分厚いメガネやゴーグルをして
外出するのは、暑苦しいですし、完全に不審者です。

抗ヒスタミン成分やステロイド配合の目薬で
対処するようにしましょう。

 

花粉症の市販目薬オススメは?

花粉症の目薬パタノール点眼液は効かない?副作用は?

花粉症の目薬アレジオン点眼液はどう?

花粉症の目薬リボスチンとフルメトロンは効く?

花粉症の子供の目薬クラビットとパタノール

花粉症の症状で目のかゆみは?

花粉症の目薬でコンタクトしてる場合の注意点

 

また目薬を点眼しても目の症状が治らない場合は
内服薬を併用してさらに治療効果を高めましょう。

 

ブタクサアレルギーによる目の症状の対策まとめ

目薬を使用する

目薬でも効果が無い場合、さらに内服薬を使用する。

 

ブタクサアレルギー効果的な食事は?

 

 

ブタクサアレルギーをはじめとする、花粉が原因のアレルギー反応を、食事療法によって改善させるという試みがあります。

ただ、科学的に確実に効果があることは証明されていません。

その為、食事療法をすれば確実に治ると断言できませんが、食事療法の方法を紹介します。

まず、体の抵抗力を弱める化学物質が含まれる
化学調味料や添加物の多い食品の摂取を控えます。

この2点が多く含まれる食品は、インスタント食品、スナック菓子です。

特にNGなのがマーガリンとショートニングです。これらは食べるプラスチックと呼ばれており、人体の免疫力を低下させます。

これらの食品の摂取を止めて、体の免疫力を高めると期待される発酵食品を摂取します。

 

発酵食品の中では、納豆がもっとも効果があると言われています。

また、味噌やぬか漬け、酒粕を使った食べ物も、アレルギー反応を抑える食品とされます。

やはり、腸内環境を手っ取り早く改善させるには乳酸菌サプリがオススメです。

 

ブタクサアレルギーの症状を和らげるサプリはこちらをクリック

 

乳酸菌によって腸内環境が改善されれば、アレルギー全般の症状が和らぎます。

カモガヤアレルギーと果物のメロンスイカの関係!小麦は?

カモガヤ花粉症の時期いつまで?対策と症状と薬!

イネ科花粉症とカモガヤの対策は?アレルギー検査

イネ科花粉症の対策と治療法と原因

以上、免疫力が高まる食品やサプリを紹介します。

もちろん薬よりも効果が食事療法は落ちてしまいますが、副作用がなく食事療法は行えますので毎日1品くらいは効果がありそうな食べ物を食卓に用意するのは難しくはないはずです。

 

 

ブタクサアレルギーとOASの関係

 

 

野菜と果物

 

逆にブタクサアレルギーを発症した場合食べることを避けたほうがよい食べ物もあります。

メロンや、セロリ、バナナ、人参、キュウリズッキーニなどです。

 

花粉症と野菜果物でアナフィラキシーショックは起こる?

 

ブタクサ花粉症の飛散時期ピーク予想は?バナナで症状が悪化?

 

ブタクサ花粉に含まれるタンパク質と上記の食べ物に含まれるタンパク質の化学構成が似ているために、体がアレルギー反応を
起こしてしまいます。


症状としては、口のかゆみやイガイガといった軽度なものから、蕁麻疹や嘔吐、腹痛などといった中程度なもの。

 

 

重症な症状だと急性アレルギー症状のアナフィラキシーショックを発症して意識不明になり呼吸停止になり命を落とすこともあります。

また、ラテックス製品に触れても上記のアレルギー症状を発症することもあります。

これはラテックスの原料であるゴムの樹液が上記の野菜や果物に含まれるたんぱく質と似ているからです。

このようなアレルギー症状をOASといいはじめのうちは軽度ですが、何度も繰り返すうちにどんどん重症になっていきます。

一番の対処方法はブタクサアレルギーを発症していることがわかっており、上記の野菜や果物を食べて、アレルギーのような症状を自覚したら病院に行ってアレルゲン検査を行うことです。

そして、アレルゲンとなる果物や野菜が判明したら、それらのものを食生活から徹底して避けることです。

残念ながらOASの治療方法は存在しません。

果物や野菜は加熱すればタンパク質が変性して活性を失うので口にしてもOASを発症しないという考えもありますが、人の体質によってことなるので油断は禁物です。

しかし、乳酸菌を摂取することにより、多少なりともOASの症状が和らぐ可能性はあります。腸内環境とアレルギーは密接に関わっているからです。

ブタクサアレルギーの症状を和らげるサプリはこちらをクリック

 

以上、ブタクサアレルギーの予防対策や症状をまとめました。ブタクサアレルギーに一度かかると、同じキク科の植物であるヨモギ花粉に対してもアレルギー反応を引き起こすことがあります。注意しましょう。



こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ