Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kaulia/xn--i6z09j.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

市販風邪薬のよく効くオススメランキング!

風邪を引いてしまった時、どのような薬を使えば良いの
と迷う事があるのではないでしょうか。
薬はたくさんありますが、逆に選択肢が広くなりすぎて
選ぶ時に悩む方も少なくありません。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


実際に薬は使うものによって多少効果が違いますし、
市販薬と病院処方薬でも大きく異なります。
まずは、どの薬が良いのかを知ることが必要です。

この記事では、市販風邪薬の中でも、良く効くものを
ランキング形式で紹介していきます。
また、病院処方の薬と比較したら、どちらの方が効果的
なのかという点についても紹介します。

 

 

市販風邪薬の良く効くランキング

 

 

良い薬を知っておけば、いざ風邪を引いてしまった
という時にすぐに選択して購入することができます。
実際に薬選びというのは、非常に重要なものなので、
しっかりと選んでいきましょう。

・1位:PL

風邪を引くとPL顆粒という薬を飲む人も多いです。
これは、病院でも処方されることがあるもので、
複合感冒薬として使われていることが多いです。

複合感冒薬というのは、病院などで多く使われている
非ピリン系の総合風邪薬となっています。

効果が高く、熱を抑えるのはもちろん、鼻水や喉の痛み
など、風邪全体の症状緩和に効果的です。

複合感冒薬の場合は、他の薬と併用すると副作用が
強くなってしまうこともあるので、利用する時には
他の薬と併用しないようにする必要があります。
また、アルコールと飲むのは絶対にやめましょう。

・2位:カイゲン

カイゲンはカイゲンファーマ株式会社が販売している
非ピリン系風邪薬です。
こちらもカプセルから顆粒まで用意されていて、
飲む人の体調に合わせて利用できます。

胃腸風邪に効果ある食事や市販薬まとめ!胃腸炎との違いや点滴は?

秋風邪2015年の症状は吐き気や高熱や咳や喉にくる?

風邪薬とロキソニンの併用は危険?飲み合わせや服用や副作用は?

風邪の熱が下がらない!何度までなら安全?お風呂は入っても平気?

総合風邪薬となっているので、風邪の全体的な症状に
対応できる優れものとなっています。

鼻から来る風邪や喉から来る風邪など、状況に
合わせて使って行きましょう。

スポンサードリンク


こちらも副作用が少なくとも出てくることがあるので、
他の薬と併用して飲むのは避けた方が良いです。

副作用として代表的な眠気などが、増してしまう
という可能性も考えられます。

・3位:ルル

ルルは大手製薬会社の第一三共ヘルスケアが販売して
いる風邪薬シリーズです。

ゴールドやアタックという言葉が付いていることが
あるため、利用する時にはそれぞれに特化したものが
選びやすいです。

ただ、市販薬の場合は、総合風邪薬が多く、
どのような症状にも対応できるようになっている
ことが多いので、好みで選ぶ方も多いです。

病院処方薬との違いや比較

市販薬は気軽に手に入れることができる薬ですが、
病院は診察を受けて、医師に処方してもらわないと
いけません。

しかし、それが安全であり、なおかつ効果的な薬の
提供へと繋がっているのです。
市販薬の場合は誰もが服用できるようになっている
ため、効果は若干薄くなっています。

しかし、病院処方のものは患者に合わせて、
医師が調合したものを処方してくれます。
その人の症状にベストマッチしたものを処方して
もらうことができるので効果も大きいです。

 


スポンサードリンク


 

風邪の予防と対策とは

 

 

風邪薬を用いて治すのも良いですが、風邪の一番の対策
となるのは予防をすることです。

そもそも風邪にならなければ、健康な状態を保って
おくことができるのです。

風邪の最大の予防方法として知られているのが、
手洗いとうがいです。風邪はウイルス性のものが多く、
外で感染してくるパターンが多いです。

帰宅した時には、手洗いとうがいをしっかりすることに
よって、風邪のウイルスを洗い流すことができます。
喉のうがい薬などを利用すれば、殺菌もできて、
さらに風邪の予防となります。

今年の冬風邪の症状は?

冬の花粉症は?

鼻風邪が治らないのはエアコンが原因?頭痛や耳や喉の症状は?

鼻風邪に効く薬や食べ物やツボは?葛根湯や赤ちゃん新生児乳児は?

おたふく風邪の大人の初期症状や治療は?不妊や予防接種や入院は?

大人はもちろんですが、子供たちにも習慣付けて、
風邪にならない習慣を続けることが一番です。
万が一風邪になった時は薬や病院に頼りましょう。



こんな記事も読まれています

関連記事あります。

コメントを残す

サブコンテンツ