Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kaulia/xn--i6z09j.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

秋の目のかゆみの原因は?9月,10月,11月の対策は?

花粉症の季節は春ばかりではありません。実は秋も
気を付けなければならない季節と言えます。
なぜなら、秋も花粉症に悩まされる人がいるためです。

秋に目がかゆくなったことがあるという方も
多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


 

 

実際、秋の目のかゆみには様々な原因があり、花粉や
アレルギー、ダニの死骸などがあります。

この記事では、秋の目のかゆみの原因や症状、月別の
対策方法やコンタクトについて説明します。

 

 

秋風邪2015年の症状は吐き気や高熱や咳や喉にくる?

 

秋の目のかゆみの原因とは

 

 

秋に外に出ていると、春でもないのに目がかゆくなり、
鼻水などが出てくることもあるのではないでしょうか。
秋の目のかゆみなどは長引くこともあり、9月から11月
くらいまで悩まされることもあります。

・花粉

秋に目がかゆくなる原因として、大きな原因が花粉
となっています。

春はスギやヒノキと言った樹木系の花粉が主流となる
一方、秋にはブタクサやヨモギ、カナムグラやカモガヤ
などの草木の花粉が主流となります。

それらの花粉を体内に取り込んでしまうことにより、
体内のヒスタミンという物質が反応します。

ヒスタミンは、簡単に言うと体内に入ってきたゴミを
外に排出するために働きます。
それが目のかゆみや鼻水に繋がるという訳です。

・アレルギー

アレルギーが原因となって目がかゆくなることも
あるのが、秋の目のかゆみの特徴です。
ダニの死骸などに反応してしまう方も多く、
それらが原因となって目のかゆみや鼻水に繋がること
も多いです。

ダニの死骸があるのは、布団や畳、衣服やホコリなど
であり、人間の生活空間のすぐそばにあります。
布団や衣服に衝撃が与えられると、そこからダニの
死骸が舞い散り、体内に入ってしまうことも多いです。

また、秋は空気の対流の関係で地上付近にホコリや
チリが停滞するので、空気が汚くなります。
それも目のかゆみを誘発する原因となりえます。

 

 


スポンサードリンク


 

 

・コンタクト

実は目のかゆみになっている原因が、コンタクトにある
ということもあります。

コンタクトはハードタイプとソフトタイプがありますが、
ハードなものだと目の角膜や表面を傷つけてしまうこと
もあります。

また、取り外したコンタクトにゴミや花粉、ダニの死骸
などが付着してしまって、それがかゆみの原因になる
ということもあるので注意しましょう。

 

秋の花粉症アレルギーの対策や原因予防!夏や風邪との違いは?

コンタクトは定期的に取り換え、専用の水溶液で管理
するなどの対策が必要となります。

 

花粉症の市販目薬オススメは?

花粉症の目薬パタノール点眼液は効かない?副作用は?

花粉症の目薬アレジオン点眼液はどう?

花粉症の目薬リボスチンとフルメトロンは効く?

花粉症の子供の目薬クラビットとパタノール

花粉症の症状で目のかゆみは?

花粉症の目薬でコンタクトしてる場合の注意点

 


スポンサードリンク


コンタクトで目やにや腫れなどの症状も

 

 

コンタクトを使っている人の中には、レンズを外した時
目にかゆみを感じたり、目やにが出ていたりすることが
あるかもしれません。

それらの症状の原因は、ドライアイと関係しています。
ドライアイというのは、目が乾燥状態にあることを言い、
コンタクトを使っている人に多いです。

目のかゆみや目やにが多い場合は、巨大乳頭結膜炎や
アレルギー性結膜炎が考えられます。
それぞれ炎症の一つであり、目のかゆみや目やにを発生
させてしまうものです。

また、かゆみがなく目やにが多い時などは、傷付いて
いることがあり、角膜障害になっている可能性のほか、
角膜浸潤や角膜潰瘍などが考えられます。

それぞれ角膜に関する障害なので、眼科に相談して
対策しましょう。

 

 

9月10月11月の対策方法

秋の目のかゆみは、それぞれの季節によって対策する
ことができます。
また、地域や時間帯によっても目に対する負担や影響
が異なる場合があるので注意しましょう。

9月から11月にかけて発生する草木の花粉としては、
イネ科カモガヤをはじめ、キク科ブタクサやヨモギ、
アカ科のカナムグラなどがあります。

一番の対策としては、花粉を吸いこまないようにする
ということです。
市販のマスクなどで対策もできますが、それを利用する
場合は、隙間ができない立体マスクなどが効果的です。

また、定期的な布団の洗浄や衣服の洗浄を行うことも
対策の一つと言えます。
衣服の場合は、花粉はもちろんダニの死骸なども付着
していることがあるので注意しましょう。

イネ科花粉症の症状は?

秋に目がかゆくなる原因はいくつかあります。
それらを取り除くことが、目のかゆみ対策に繋がる
でしょう。

 



こんな記事も読まれています

関連記事あります。

コメントを残す

サブコンテンツ