Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kaulia/xn--i6z09j.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ハンノキ花粉症アレルギーの症状や予防対策は?治療や飛散時期は?

日本には花粉の種類が非常に多く、それぞれ花粉症を
引き起こしてしまう方も多いです。
実際に花粉症として知られているのがスギ花粉などです
が、実際はハンノキ花粉などにも注意しておきたいです。

そこで、今回はあまり有名ではないハンノキ花粉につい
て症状や予防対策方法を紹介していきます。
また、2016年の飛散状況についても予測してみます。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


花粉症は放っておいても時期が過ぎれば治まると思って
いる方も多いですが、放置しておくと大変なことになる
可能性もありますよ。

 

 

ハンノキ花粉症とは

 

 

ハンノキ花粉症について、「あまり聞いたことが無い」と
いう方も多いのではないでしょうか。
ハンノキは北海道などに生息しており、花粉が飛散する
時期も12月からと少し他の花粉よりも早いです。

そのため、花粉症だと気づかないまま、「風邪かな?」と
思ってしまっている方も多いのが現状です。

 

 

ハンノキはラテン語で「水辺に栄える」という意味を
持つ樹木であり、耐水性に優れ、水辺で自生することが
できる植物です。

水辺に生息するこれのハンノキは、他のアレルギーと
併発する危険性もあるので、十分気を付けておかない
といけないものだと言えます。

 

 


スポンサードリンク


アレルギーの症状

 

 

ハンノキは水田や湿原を好んで自生し、約15mサイズの
大きさになることもあります。

この花粉症の症状は、鼻水やくしゃみ、咳などの他に、
果物アレルギーを併発させてしまう効果があります。
併発する確率はハンノキ花粉症で約40%です。

果物アレルギーと併発すると、口の中がかゆくなって
しまったり、乾いた咳が喘息のように続いたりします。
最悪の場合は、呼吸困難に陥る可能性もあると言われて
いるので、気を付けたいですね。

時期的には12月から1月に飛散することが多いですが、
3月や4月にスギ・ヒノキの花粉症と合わせて発症して
しまうこともあります。

そうなると、判断が難しくなり、治療も遅れてしまう
ことに繋がるので十分気を付けておきたいですね。

また、ハンノキは北海道に生息することもあり合わせて
シラカバ花粉などにも注意しておきたいところです。

予防対策の方法

 

 

対策や予防としては、二つの方法で検査することが重要。

1、 鼻汁好酸球検査
2、 血液検査

鼻汁好酸球検査とは、簡単に言うと鼻水を採取して検査
する方法で簡単な方法なのでお勧めです。
血液検査に関しても、検査結果が正確に出るだけでなく、
原因などの解明にも役立ちますよ。

予防するためには、ハンノキが生息しない土地に移住
することがおすすめですが、そう簡単にはいきません。

抗ヒスタミンの薬などを服用して耐えるか、もしくは
ステロイド系の点鼻薬などを利用するなど、薬に頼る
方法もあります。

誰でもできる予防方法は以下の通り。

 


スポンサードリンク


 

・外出時はマスクを着用すること
・外出時はメガネを着用すること
・花粉が付着しにくい服装をすること
・家の中に花粉症を持ち込まないこと
・うがいと手洗いと洗顔(場合によってはお風呂)
・部屋は定期的に掃除

 

 

それぞれ徹底的に対策すれば、ハンノキ花粉症になる
確立をぐっと下げることができます。
全てやると効果的ですが、一つ一つできることから始め
ていくだけでも効果は大きいです。

しっかりと対策すれば、花粉症は怖くありません。

 

 

2016年の飛散状況

 

 

2016年は例年よりも温かい日が続いたと思えば、逆に
低気圧の接近で急激に寒くなったりする日も多いです。
花粉は温かくなってくると飛散しますが、ハンノキの
場合は、水辺であれば成長率も高いです。

2016年も12月から徐々に飛散が始まり、3月からは
スギやヒノキ、シラカバなどの花粉にも注意したい
ところです。

外出するのは基本的に避け、花粉に触れないことが
なによりも重要なことだと言えます。

難しいという場合は、この記事で紹介した予防対策を
徹底的に行いましょう!



こんな記事も読まれています

関連記事あります。

コメントを残す

サブコンテンツ