Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kaulia/xn--i6z09j.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ヒノキ花粉症はいつまで?症状は咳や皮膚炎?2016の飛散情報は?

スギ花粉と並んで、花粉症の人を困らせているのが
ヒノキ花粉ですよね。

スギ花粉についで2番目に花粉の原因となる
植物がヒノキなのです。

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


 

毎年春先になるとこれらの花粉症に嫌な思いをさせられ
ている人も多いのではないかと思います。

実際、ヒノキ花粉症はいつまで続くのか。
今回はピークと期間、症状と対策、2016年飛散状況を
紹介していこうかなと思っています。

いざ!花粉症対策を始めましょう。

 

 

ヒノキ花粉症のピークと期間

 

 

ヒノキの花粉症は、スギ花粉とは異なる特徴を持って
いるのが特徴となっています。

例えば飛散状況などがスギ花粉とは異なり、少し期間も
異なるのが特徴なのです。

主にヒノキ花粉がピークを迎えるのは、3月から5月と
なっており、この時期に症状が出る方も多いです。
実際はその前から飛散が始まり、ピークに関してもその
年によって異なります。

注意しておいて欲しい時期としては、2月から6月ほど
と考えておくと良いのではないでしょうか。

花粉症は症状が出てから対策するのも良いですが、その
一方で早めに対策しておくと症状を抑えられることも
あります。

なお、ヒノキ花粉は比較的飛散している時期が長いため、
年中注意しておく方が、本来は最適な対策となります。

 

スポンサードリンク



 

実はピークを迎えるのが3月から5月というだけで、
スギ花粉同様に年中飛散しています。

夏の時期は比較的花粉も少ないですが、秋にも症状が
見られる方もいて、十分注意が必要となりますよ。
春先に注意するのは当然ですが、秋先にも注意しておく
方が良いと言えますね。

具体的に「いつまで飛散しているの?」と聞かれれば、
答えるのは少し難しくなります。
ピークで考えるのなら、5月までは完全に飛散している
状況ですし、少量の花粉であれば年中飛散しています。

その点を踏まえて、対策を行っていくのが良いのかも
しれませんね!

もちろんピーク時には、外出は控えて、花粉を体内に
取り込まないようにすることが重要ですよ!

 

 

ヒノキ花粉症の症状(咳や皮膚炎も)

 

 

ヒノキ花粉症は、他の花粉症と同様の症状を引き起こす
ことで知られています。
鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみが代表的な症状
だと言えますね。

また、ヒノキ花粉症の場合は、咳や皮膚炎なども症状と
して現れることがあると言われており、その点も注意し
ておくことが必要となります。

これらの症状は、ほとんどが身体の対抗が効力を発揮
しているためと言われており、ヒスタミンなどが原因だ
と言われています。

つまり、症状を抑えたい時に関しては、抗ヒスタミンの
薬を利用するのが効果的です。

花粉症の時期になると、薬も薬局にたくさん並べられる
ようになるので、自分に合ったものを見つけておくと
便利かもしれませんね!

 

 

スポンサードリンク


ヒノキ花粉症の対策

 

 

実際、どのような対策をすれば良いのかわからないとい
う方も多いのが現実です。
花粉症に対しては、とにかく花粉を体内に取り入れない
ことが需要となっていますよ。

花粉が体内に入ると、ヒスタミンが反応してしまって、
花粉症の症状を引き起こします。
一度症状が出てくると、なかなかストップさせることが
難しくなってしまうので、早めの対策が必要です。

ヒノキ花粉症の場合は、2月や3月ごろから対策して
おくと、症状も抑えられる可能性が高いです。
場合によってはもっと早く対策すると、そもそも花粉症
の症状が出てくることが少なくなりますよ。

外出時はマスクを着用し、帰宅する時には衣服に付着
してしまった花粉を落とすことも重要です。

基本的に花粉に「触れない・取り入れない・付着させ
ない」ということが大切ですね。

 

 

2016年の飛散情報について

 

 

あくまで予測になるのですが、2016年の花粉飛散状況
としては、2月上旬からスギ花粉のシーズンに入ると
予想されています。

前年に比べて、やや多いとも予測されているので、
十分気を付けておくことが必要です。

ヒノキ花粉もそれに並んで、たくさん飛散する可能性が
あるので、外出の際などには注意しましょう。

ピークとしてはスギ花粉が2月、ヒノキ花粉が3月と
予測しておくと良いかもしれません。

心配な方は、ヒノキ花粉も2月から飛散するので、
早めに対策しておくことをおすすめします。



こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ