ブタクサ花粉症の飛散時期ピーク予想や画像は?バナナで症状が悪化?

ブタクサの花粉症。花粉はスギやヒノキだけと思っている方もいらっしゃると思いますが夏や秋の時期にはブタクサ花粉も飛散します。

対策や頭痛、咳などの症状緩和になる情報をまとめてみました。花粉の飛散情報もお届けします。

 

 

ブタクサとはどのような植物?花粉症の原因は?

 

 

ブタクサはキク科の植物で、原産地は北アメリカ。雑草ですが大きくなると2メートルくらいになります。

 

ブタクサ画像

 

アレルギーになる人は、ブタクサの花粉を異物としてとらえ、早く出そうという反応、排除しようとする反応なのです。

排除しようとすると、IgE抗体という異物に反応する物質を作ります。

この抗体ができたあと、花粉が侵入してくると、早く花粉を出そうと目や鼻に追い出すようにという指令の細胞が分泌されるのです。

秋風邪の症状や対策は?

くしゃみ、鼻水、目の涙といったように体の外へと流れ出し、体内に侵入しないようにする反応が花粉症の症状として出てくるわけです。

花粉症に一度なると、完治は不可能です。症状を何かしらの治療法を使って抑制するしか方法はありません。

花粉症に限らずアレルギーは腸内環境を改善することによって症状が和らぐ場合があります。一番手軽に始められるのが乳酸菌を摂取することです。オススメの乳酸菌サプリは以下の公式サイトから購入できます。

 

ブタクサ花粉症に効くサプリはこちらをクリック

 

ブタクサ花粉の飛散状況の情報は?ピークはいつ?

 

 

ブタクサ花粉の飛散シーズンは、7月から8月に花開き、その後、花粉が飛び始めますので、8月~10月が一番のピークを迎えるでしょう。

関東と関西、九州、北海道などで多少の期間差はありますがおおむねこのあたりのシーズンには気を付けたいものです。

症状としては、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、くしゃみひどくなると微熱が出たりします。咳が止まらない人もいます。

2017年度のブタクサ花粉の飛散予想としては、前年度と比べてスギ花粉の飛散量は、ほぼ平年並みだったのでブタクサ花粉の飛散量も減少すると考えます。

2016年度ののブタクサ花粉の飛散量は全体的に控えめでした。

しかし、2017年は猛暑が予想されて9~10月辺りまで残暑が続くそうなのでブタクサ花粉は平年より長い間飛散すると予想できます。十分に対策をとりましょう。

 

 

バナナでブタクサアレルギーは悪化するの?

 

 

花粉としてのアレルゲンはスギ、、ヒノキが日本の場合大部分を占めていますがそのほかには、イネ、ブタクサシラカバ、ハンノキなどが有名です。

それらの中でもブタクサの花粉は粒が小さいので、呼吸すると簡単に気管支に入ってしまいます。症状を放置しておくと肺炎を併発することもあるようです。

 

咳喘息のイラスト

 

ひどい場合には、喘息アレルギーになってしまう人もいます。アレルギーは風邪ににた症状なので専門家の先生に診てもらって初めてアレルギーと気づく人もいます。

咳が長引いたり、鼻がぐずついたり、目が充血した場合には注意が必要です。

喘息アレルギーが重症化した場合、呼吸困難に陥ってしまうことがありますので危険です。

 

 

また、ブタクサ花粉症にかかってしまうと、特定の食べ物を食べたときに、アレルギー症状が出てくることがあります。

 

野菜果物画像

 

ブタクサ花粉症にかかった時に、食べるとアレルギー症状を併発しやすい食べ物といえば、バナナや、スイカ、メロン、セロリ人参などですね。

バナナアレルギーはバナナを食べたり、バナナジュースを飲むとアレルギー症状が起こることです。

果物アレルギーとしてはメロンやオレンジの人もいます。このアレルギーが併用して起こりやすい原因としては、ブタクサ花粉と果物に含まれるタンパク質の構造が似ていて、体が同一物質と勘違いしてしまうからです。

悪化するというより似ているものと判断して体が反応するといったほうがいいですね。

ブタクサはキク科の植物ですが、同じキク科の植物で花粉症を併発しやすいものとしてはヨモギ花粉症が挙げられます。

ブタクサ花粉症にかかると、ヨモギ花粉症にもなってしまいやすいので注意しましょう。

このようにある種の花粉症にかかると特定の食べ物に対してアレルギー症状が出ることをOASと言います。

特定の食べ物でOASになってしまうと、他の食べ物でもOASになってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

ブタクサ花粉症に効くサプリはこちらをクリック

 

ブタクサ花粉症の予防対策は?

 

 

ブタクサアレルギーの対策としては何ができるでしょう?

とりあえず、ブタクサには近づかないようにする。ブタクサはスギやヒノキと違って花粉がそこまで遠くには飛びません。

といっても、ブタクサは日常生活の身近なところにたくさん生えているので、ブタクサ花粉を避けるのは現実的に無理です。

かといって、マスクやゴーグルをするのは8~10月の時期は暑いので難しいでしょう。

なので花粉を外からブロックする対策ではなく、薬を使用してブタクサ花粉が体内に入ってきてもアレルギー反応を抑えるという対策を取るのが一番現実的な方法と考えます。

そのほか出来ることをまとめてみました。ブタクサにかかわらず適用できる内容なのでチェックしておきましょう。

 

  • 帰宅後はアイボンなどで目についた花粉を落とす
  • 部屋の掃除、空気清浄機などを活用する。
  • うがい手洗いを徹底する。
  • 定期的に専門家の血液検査などを1年に1度は受ける。(アレルギーの度合いや、何がアレルゲンかがわかります)
  • 内服薬や点眼薬や鼻炎薬をフルに活用して
    花粉が体内に入っても平気な体作りをする

 

アレグラやアレジオンなどの内服薬を服用することが、ブタクサ花粉症アレルギーを予防するのに効果がありますが、眠気などの副作用が気になりますし、長期間ずっと服用できません。

スギ・ヒノキ花粉の時期もアレグラを服用して、ブタクサ花粉の時期もアレグラを服用すると一年のうち3分の1はずっと抗アレルギー薬を服用しなければなりません。何より高い薬代金が気になります。

アレグラは病院で処方してもらっても一日150円、市販で購入すると一日あたり、150~200円もします。結構な値段がしますよね。

そのような心配をされている方に、オススメなのが乳酸菌サプリメントです。乳酸菌サプリメントは継続して服用しても副作用はないので気にせず飲み続けることができます。

花粉症をはじめとするアレルギーの症状は、腸内環境の状態と密接に関わっています。乳酸菌を摂取すると腸内の環境が良くなって、免疫力が向上します。そうするとアレルギーの症状が和らぐだけではなく、風邪やインフルエンザなどの病気にもかかりづらくなります。

しかし、乳酸菌なら何でもよいというわけではなく、腸まで生きたまましっかり届く乳酸菌でないと意味がありません。

市販のヨーグルトや乳酸菌サプリは大半が腸に届く前に胃酸でやられてしまい効果が半減してしまいます。

ラクトプランはL-137という特殊な乳酸菌を使用しています。この乳酸菌を加熱することによってHK-L137という新しい乳酸菌に変化させて、乳酸菌の効果や生命力をパワーアップさせています。

通常は、乳酸菌は加熱することによって死滅してしまい効果が無くなってしまいますが、L-137は加熱することによってより効果が強くなる特殊な乳酸菌です。

そのため、効率よく胃を通過して腸まで送り届けることができます。

市販製品やヨーグルトにはL-137を配合している商品はなく、入手できるのはラクトプランという商品だけです。

ラクトプランは以下から購入することができます。

ラクトプランの詳しい口コミは?

 

初回は1か月分お試しで約1500円。一日あたりたったの50円です。2か月目からでも一か月分で約3000円。一日あたり100円です。アレグラを購入するより断然安いですね。しかもずっと飲み続けても体に害はありません。

ビタミンBやビタミンCも配合しているので、美容にも良いです。

ラクトプランは以下のような人に特にオススメできます。

 

  • 抗アレルギー薬の副作用や飲み続けるのが不安な人
  • ブタクサ花粉が体内に入っても平気な体を手に入れたい人
  • 毎日100円程度でブタクサ花粉症の予防対策をしたい人

 

花粉症は、特別な体質ではなく誰でもかかる可能性があります。遺伝的な要因も大きいと言われています。

対策をきちんとすれば、花粉症アレルギーになるリスクを下げることはできますし、かかってしまったとしても症状を和らげることはできます。

腸内環境を整えて、アレルギーに対して強い免疫力を持つことが大事です。

アレルギーは、重症化すれば命に関わります。特に、前述したブタクサ花粉による果物アレルギーはOASとも呼ばれ、急激に症状が悪化して命の危険性を伴う場合もあります。

洗濯物もよく払って家に入れるなどの工夫をしてください。

最近はアレルギーを持っていない人のほうが少ない時代ですが、アレルギーになってしまっても対策や緩和方法を知っていれば気にならないように過ごすことは可能だと思います。

 

 

ブタクサ花粉症の対策まとめ

 

 

夏の時期に花粉症のような症状が現れたらまずは、血液検査などのアレルゲンを特定する検査をして、原因をはっきりさせましょう。

夏の花粉症アレルギーの症状と対策と原因!薬は?

花粉症と野菜果物でアナフィラキシーショックは起こる?

イネ科花粉症とカモガヤの対策は?アレルギー検査

夏の時期にはブタクサの他にイネ科花粉症が有名です。

また、ブタクサがアレルゲンとわかったら、果物に対するアレルギー検査も行いましょう。

逆に、特に今までアレルギーにかかった思い当たる節はないけれどもバナナやメロンを食べて、口がかゆくなったり、頭痛や体調不良を感じたら、すでに、ブタクサアレルギーにかかっている可能性があるので注意しましょう。

ブタクサ花粉症にかかったら、花粉を防ぐ対策もしつつ抗ヒスタミン薬や目薬などで症状を緩和する工夫もしましょう。

ブタクサ花粉症に効くサプリはこちらをクリック

カモガヤアレルギーと果物のメロンスイカの関係!小麦は?

カモガヤ花粉症の時期いつまで?対策と症状と薬!

花粉症予防対策でヨーグルトの効果は?

ブタクサアレルギーの症状や治療



こんな記事も読まれています

2 Responses to “ブタクサ花粉症の飛散時期ピーク予想や画像は?バナナで症状が悪化?”

  1. ほりぐち ひろこ より:

    唐突ですが、
    ブタクサ画像として、
    似ても似つかないセイタカアワダチソウが載せられてるのが気になりました。

コメントを残す

サブコンテンツ