Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kaulia/xn--i6z09j.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

花粉症の目薬リボスチンとフルメトロンは効く?

花粉症の目のかゆみや充血を抑える目薬として
リボスチンフルメトロンといった種類の点眼液
があります。効果や効能口コミはどうなのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


 

 

花粉症対策の目薬リボスチンって何?

 

リボスチン抗ヒスタミン薬の一種で主成分が
塩酸レボカバスチンという成分です。

 

WS000015

 

花粉症の目のかゆみの症状は体内のアレルギー
反応によって、ヒスタミンという物質が生成される
ことによって引き起こされます。

秋風邪2015年の症状は吐き気や高熱や咳や喉にくる?

 

 

ヒスタミンはヒスタミンH1受容体にくっつくことで
かゆみを引き起こしますが、このリボスチンは
それを妨害することによって、かゆみを
抑えるという作用機序です。

効き目は比較的速く作用するほうで効果も持続する
ので、花粉シーズンの前からつける必要はなくて
症状が出始めてからつけてOKだそうです。

使い方は一日4回まで点眼してください。点眼直後は
まばたきをしないで、目をしばらく閉じていれば
より、成分が目に浸透します。

スポンサードリンク



 

保存成分として塩化ベンザルコニウムが含まれて
いるので、残念ながらコンタクトをしながらの
点眼はできません。

 

レンズと塩化ベンザルコニウムはくっついてしまう
性質があるからです。それによって角膜が傷つく
危険性が生じます。

どうしても点眼したい場合は
いったんコンタクトをはずしてから点眼して
その後15分ほど経過してからコンタクトを
再び装着するようにしましょう。

ただ、このリボスチンを使用してもかゆみが
治まらない人がいるようです。この時は
ステロイド配合の目薬を併用するとより
効果が高まる
でしょう。

副作用はほとんどないといわれています。

間違っても効果がないからといって、
一日に何回も点眼はしないでください。

1日で点眼できる回数は4回までです。

 

 
WS000013

 

花粉症対策の目薬リボスチンとパタノールやアレジオンの違いは?

 

 

この3つの目薬はよく区別がつきづらく
混同しやすいです。

一番の大きな違いは、リボスチンには
花粉症の症状を緩和する作用しかありませんが
パタノールやアレジオンには、花粉症の症状を
緩和するだけではなく、予防する効果もあります。

そのため、リボスチンは、花粉症の症状である
目のかゆみや充血といった症状が初めて
現れてからでないと点眼する意味がありません。

 


スポンサードリンク


 

しかし、アレジオンとパタノールは予防効果も
あるので、花粉症のシーズンが近くなったら
まだ症状が発生してなくても、点眼して
症状を予防する効果もあります。

また、パタノールとリボスチンはコンタクトを装着
したままでの点眼はできませんが、アレジオン
なら可能です。

なのでリボスチンを使用するメリットといえば
これら3つの中で一番価格が安いこと
くらいではないでしょうか?

といっても、1本あたりの値段で比較すると(5ml)

 

リボスチン 約200円
パタノール 約300円
アレジオン 約600円

なので、リボスチンとパタノールの値段は
ほぼ変わりません。

パタノールの方が
予防効果もあるので、リボスチンを使うのは
パタノールを使っても効果が無い時くらい
ではないでしょうか?

 

 

WS000016

 

花粉症対策の目薬フルメトロンって何?

 

 

フルメトロンとは花粉症対策の目薬としては
一番強力な部類に入る、
ステロイド配合の点眼液です。

ステロイド自体に炎症を抑制する強い作用が
あるので花粉症以外にも角膜炎や結膜炎
の治療などにもはば広く用いられます。

 


スポンサードリンク


 

花粉症を予防する効果はなく、あくまで
症状を抑える対処療法としての側面が
強い目薬なので気をつけてください。

濃度も3種類あって、0.02%、
0,05%と0.1%あるそうです。

濃度が高ければ効果も高い分
それに比例して副作用のリスクも
大きいです。

例えば、副作用が重度の場合は眼圧が上昇したり
緑内障になったりという報告がされています。
ステロイドは目の中に長時間とどまりやすいので
眼圧も上昇しやすいです。

 

この目薬を使う場合は、使用しても平気な目の
状態はしっかりと眼科の専門医に見てもらう
必要があります。

 

 

ブタクサ花粉症の飛散時期ピーク予想は?バナナで症状が悪化?

フルメトロンは、先ほど紹介したリボスチンや
パタノール、アレジオンなどと違って、
免疫機能を抑制することによって花粉症の
症状を抑えます。

花粉症の症状が悪化する原因は、体内に花粉
が入ると、免疫が異常物質と認識して攻撃を
始めるから、かゆみや充血といった症状が
でてくるわけです。

花粉症の市販目薬オススメは?

花粉症の目薬パタノール点眼液は効かない?副作用は?

花粉症の目薬アレジオン点眼液はどう?

しかし、免疫を抑制すると、体内にある細菌を
白血球が攻撃することができなくなり、細菌感染
しやすいというデメリットもあります。

そのため、角膜が傷ついている場合や、目が
細菌感染している場合には使用できません。

 

ステロイドは基本的に長期間使うと耐性が出てきて
効果が落ちたり、その後使用するのをやめたら
ステロイドリバウンドといって、症状が前よりも
ひどくぶり返す危険性があります。

といっても、フルメトロンはそこまで強いステロイド
の部類には入らないので、心配する必要は
ないですが、長期の使用は避けましょう。

ステロイド配合の目薬はコンタクトを
つけながらの使用はNGです。

フルメトロンを使用しても効果が無い場合は
花粉症ではなく、細菌感染が合併している
可能性もあります。眼科に行って相談しましょう。

 

いろいろな治療を併用したほうが花粉症の
症状はしっかり緩和することができます。
内服薬を併用したり、免疫療法なども併用
していくとより効果が高まるでしょう。

花粉症の子供の目薬クラビットとパタノール

花粉症の症状で目のかゆみは?

花粉症の目薬でコンタクトしてる場合の注意点

花粉症の目薬は耳鼻科で処方は?

花粉症の病院は、目がかゆい場合は何科?

内科の花粉症の検査と注射と処方薬!目薬は出る?

花粉症のアレルギー検査の費用と保険!耳鼻科、皮膚科

眼科の花粉症の内服薬と目薬!検査と治療は?

花粉症肌荒れ対策

花粉症に効くヨーグルト種類!



こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ