花粉症で咳や鼻水が止まらない!病院は何科?子供用の市販薬は?

花粉症の症状で辛いものが、や鼻水が止まらなく
痰が喉にからんでしまい、喉も痛み出し、呼吸困難に
なってしまうことでしょう。

咳がひどいと、夜も睡眠不足になってしまい
日常生活にも支障をきたします。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


 

 

幼児子供や大人に効果的な対処方法として
オススメの市販薬や病院での処方薬を
まとめてみました。

 

咳の症状

 

 

花粉症の症状の咳の原因は?

 

 

花粉症の症状の咳の原因はいろいろと
あります。咳が止まらないものもあれば
喉の痛みを伴うもの。

鼻水や痰がどんどん出てくるもの。
逆に咳のみで喘息に似ているもの。

症状別に原因を分類していきましょう。

 

咳のみの場合は?

 

花粉症の症状で咳のみという場合は
あまりないと思います。

普通は鼻水や痰も一緒に
表れます。

この咳のみの場合は、花粉が気管支に入り込んで
体外へと花粉を追いだそうとしている反応です。

よく秋の花粉症であるブタクサ花粉症は
非常に花粉の粒子が細かいので、呼吸すると
肺や気管支に入り込みやすいといわれます。

また注意してほしいのが、花粉症ではなく
咳喘息の可能性もあるということです。

 


スポンサードリンク


 

花粉症の咳の症状と咳喘息の症状は併発する
こともあり、病院へ行ってレントゲン検査を
してみないと、はっきりわかりません。

咳喘息の症状の場合、気管支がアレルギー反応
を起こしているので、通常の花粉症の治療薬
では、対処できません。

ステロイドの吸入薬が治療の第一選択肢として
あげられます。余談ですが、気管支のアレルギーを
と、鼻炎アレルギーを同時に起こしている場合は
鼻炎を治療すると、気管支のアレルギーが
治まることが多いです。

 

鼻水や痰が止まらない場合は?

 

花粉症の症状で咳が出た場合は、鼻水や痰
喉の痛みが併発している場合がほとんどです。

結論から言うと、鼻水がつまっていて口呼吸
しているのが原因です。

鼻水が鼻につまると、喉の方に鼻水が
流れてきます。このときに痰がつまります。

花粉症の痰の特徴として、黄色く粘り気が
あるのが特徴です。これは、鼻水に花粉が
多量含まれているからです。

さらに、鼻水が詰まっていると、鼻腔を
通じて呼吸をすることができず、口呼吸しか
できなくなってしまいます。

その結果、喉の粘膜が乾燥して、喉が痛みだし
口呼吸を通じて、体内に花粉が入りやすくなる
ので、咳が止まらなくなってしまいます。

鼻呼吸であれば、鼻毛によって、花粉が体内に
入り込むのを、防いでくれますが、口呼吸だと
何も防いでくれるものがないので、花粉が
体内へと、入りやすくなってしまいます。

まとめると、このような咳の症状の時は
鼻のつまりを課帰結するのが、最優先すべき
対策です。

 


スポンサードリンク


 

花粉症の咳の症状で病院は何科?

 

 

花粉症の症状で咳が止まらない場合、
大人でも子供でも、病院にいくことを
オススメします。

その理由として、咳喘息であるかどうか
検査するため。また鼻のつまりを解消するときは
点鼻薬を使うことが必須ですが、効果が高い
ステロイド点鼻薬は市販薬では入手できず
病院で処方してもらうしかないからです。

まず、咳喘息や気管支アレルギーの疑いがある
場合は、アレルギー科や呼吸器科に行くべきです。

肺や気管支をレントゲンで撮影することにより
喘息かどうかを判断してもらえます。

また、アレルギー性の鼻炎を併発している場合は
その治療も同時に行います。

 

 

一方、花粉が原因の鼻づまりには耳鼻科に行き
点鼻薬を処方してもらいましょう。

点鼻薬にはいろいろ種類がありますが
一番効果が高いのは、ステロイド点鼻薬
オススメです。

血管収縮剤成分が配合された、点鼻薬は
副作用として鼻の粘膜が固くなってしまい
かえって、鼻腔が狭くなり、余計に
鼻のつまりが悪化する可能性があるので
使用するのはやめましょう。

花粉症の症状として、咳が止まらない場合は
鼻炎薬が治療対策として、第一選択肢ですが
それでも治らない場合は、免疫療法が
オススメです。



こんな記事も読まれています

関連記事あります。

コメントを残す

サブコンテンツ