花粉症に効く乳酸菌サプリメントのオススメランキング!

最近は通年悩まれている人も多い『花粉症』その原因が『腸内環境』にあることを知らない方が意外に多いです。

「ヨーグルトがアレルギーにいいのは知っているけど…」

 

花粉症に効くヨーグルト画像

 

テレビのCMなどでそのような情報は知っているとは思いますが、では『なぜ花粉症に乳酸菌が良いのか?』を知らない方は以下をご覧ください。

花粉症のみならず、アトピーなどのアレルギーにお悩みの方も原因は同じです。

 

 

花粉症に乳酸菌が効く理由とは?

 

 

結果から言えば『花粉症に乳酸菌は効きます』

 

花粉症に効果がある乳酸菌画像

体内の免疫システムは『抗原抗体反応(こうげんこうたいはんのう)』という機能で働いています。

『抗原』とは身体に害を為すもので、ウィルスや細菌も抗原の一種です。それに対して『抗体』いわゆる白血球が反応をして駆逐するシステムが私たちの身体には備わっています。

例えば花粉症の場合、『花粉』は『抗原』であり、『抗体』は『白血球』です。

花粉症の無い人の場合、花粉が身体に入ってきても「花粉さんこんにちわ」という感じですが、この抗体である白血球が花粉を『敵だ!』と過敏に反応してしまう為に花粉症は発症します。

つまり、『身体に害をさほど与えないものにまで過敏反応を白血球が示してしまう』のがアレルギーという病気です。

ゼンソク、花粉症(鼻炎、結膜炎)、アトピーなどは『Ⅰ型アレルギー』に属し、その発症メカニズムは『免疫システムの過敏反応』であり、元をただせば免疫システムを司る『腸内環境の不良』が原因となります。

花粉症の原因は『花粉』だと勘違いされている方が多いですが、そもそもは起こる人と起こらない人がいる時点で違います。そこは原因ではなく『要因』であり、あくまでも『きっかけ』に過ぎません。

ではなぜ『腸内環境の不良』が起こるのでしょうか?

これは欧米の方で研究が盛んに行われていましたが、現在、腸に免疫細胞の7割が存在することがわかっています。

従来は血液内の白血球の仕業であることがわかっていましたが、『ではなぜ白血球が異常をきたすのか?』が腸に関係があることが最近わかってきた訳です。

ここに『腸内細菌』の作用が関係しています。

腸内には約100兆以上もの腸内細菌が住み着いており、大きく分けて3種類の菌『善玉菌』『悪玉菌』『日より見菌』が腸の内部には存在します。

 

腸内環境のイラスト画像

 

腸内環境というのは日々変化していきますが、それはこの三つの腸内細菌のバランスによるものです。

良い腸内環境というのは善玉菌の割合が多く、良い大便を作ります。
赤ちゃんの大便の香りは酸っぱく感じますが、これは腸内で善玉菌が内容物を発酵させる為です。対して悪玉菌は内容物を腐敗させ、大便の匂いを臭くキツくします。色も善玉菌が優位だと茶色になりますが、悪玉菌が優位だと黒くなります。

大便は『大きな便り』と書きますが、まさに腸内環境の今を知る大切な情報を届けてくれます。

個々の腸内環境は個体差がある為、動物は糞をマーキングに使用する訳です。

悪玉菌が優位になると特定の悪玉菌が毒素を産生し始めます。

有名なものが悪玉菌の一つである『カンジタ菌』で、これが『カンジタトキシン』という毒素を産生すると血中に乗り、アレルギーを発症することがわかっています。

花粉症を始めとするアレルギーの本当の原因とは『腸内が悪玉菌で溢れ、内容物が腐敗することにより発生する毒素が血液に入り、白血球が異常をきたす』というメカニズムになります。

ですからこれを整えていき、腸内環境を改善していけば免疫システムが正常になっていき、アレルギーの症状が徐々に緩和されてくる訳です。

そこで腸内環境を善玉菌優位にする為に必要なのが、
①『悪玉菌を優位にする食生活』の改善
そして
②善玉菌の代表である『乳酸菌』を増やすこととなります。

腸内で乳酸菌が増えると、花粉症だけではなく、風邪やインフルエンザ、ノロ、ロタウィルスにも効果があることが知られています。

 

①『悪玉菌を優位にする食生活』の改善

 

偏食
悪玉菌はその食生活によって増えていきます。

 

Ⅰ.過度な飲酒や辛いものの常食

 

これは腸内細菌をやっつけて、さらに腸内環境を荒らす食べ物です。
普通の人なら時には良いですが、常習化することにより腸内環境は荒野のごとく荒れ果ててしまいます。

 

Ⅱ.肉乳食や加工食品(インスタント食品)による食生活

 

戦後の日本人にアレルギーが爆発的に増えたのは、食事の欧米化やインスタント(レトルト)食品の台頭が原因として挙げられます。

肉乳食は腸内で腐敗しやすい為、アレルギーを起こしたり、大腸癌の原因になります。戦後の日本人死因の第一位は大腸癌です。日本人全体の腸内環境の悪化による生活習慣病と言えます。

 

②善玉菌の代表である『乳酸菌』を増やすこと

 

よく『乳酸菌は胃酸でやられて死滅してしまう』という話がありますが、きちんと生きて腸に届いて効果が発揮されるものも多数います。ただ、摂取方法としては食後に服用したほうが胃酸の分泌が弱まるので、効果が出やすいと言われています。

乳酸菌の代表的な食べ物はヨーグルトですが、具体的にヨーグルトで乳酸菌を摂取するには、毎日250g(500gパックの半分)を一ヶ月続けて大便の様子を観察し、効果がないと次々と新しい銘柄を試していく必要があります。これは自分の腸内に定着する乳酸菌を探す為ですが、毎日大量に食べないといけないので大変です。

そこで、花粉症にお悩みの方はサプリメントで善玉菌を摂取する方法を取られています。

それは市販のヨーグルトよりもサプリメントの方が手軽なことはもちろん、胃酸で負けないように加工され、きちんと腸内環境を改善してくれる点が優れているからです。

具体的に花粉症に効果がある善玉菌の種類と言えば、乳酸菌ではL-137型、LG-21型、LCKT-11型、ガセリ菌、ラクリス菌、ビフィズス菌ではBB-536型などがありますが、それらの配合されたサプリメントなどを毎日取ることと食生活の改善により、花粉症は改善されていきます。

 

 

花粉症にオススメの乳酸菌サプリランキング

では花粉症の予防対策にオススメの乳酸菌サプリメントランキングを紹介します。

 

    1. 第1位:ラクトプラン

       

      『ヨーグルトをいくら食べても効果が無かった』という方は一度このサプリメントを試すと良いです。胃酸に負けずに腸に届くように作られた乳酸菌HK L-137型が配合されています。ラクトプランはL-137という種類の乳酸菌を特殊な加熱加工をしてHK L-137という乳酸菌に変化させて使用しています。

      通常の乳酸菌であれば、加熱すると死んでしまい効果が無くなるのですが、HK L-137加熱して死なせることによってより生命力が強くなる特殊な乳酸菌です。これによって胃酸に負けず腸まで効果をキープしたまま乳酸菌が届きます。便秘ではなく免疫強化専門のサプリメントです。

      大企業であるハウス食品が特許を取得している為、信頼性におけることと、実際に効果があることが実証されています。今なら初回購入が一日たったの50円です。2か月目以降でも一日たったの100円とお手頃な価格です。

      花粉症アレルギーだけではなく風邪やインフルエンザの予防効果があるので健康全般に気をつかいたい方にもオススメです。

      価格 3086円初回1544円(送料無料)
      内容量 30日分(1日3粒×30日)
      おすすめ度 ★★★★★

 

 

    1. 第2位 アレルナイト

      腸内環境と肌の関係は古く、東洋医学では2000年前から臨床され続け、精神安定にも関係があると言われています。腸内環境、及び副交感神経の働きを整えることにより、寝ている間に粘膜の修繕を行い、朝の不快な鼻の症状が軽減されます。寝ている間の『身体の修繕』に特化した乳酸菌サプリメントと言えます。

      価格 9000円(定期コースは5980円)
      内容量 顆粒タイプ(2.5g×30本) 約1ヶ月分
      おすすめ度 ★★★★

       

 

    1. 第3位カルグルト

      ビフィズス菌ビースリー、ラクリス菌、ラブレ菌、ガセリ菌、乳酸菌LFK型とこれでもかと言わんばかりに善玉菌を詰め込んだサプリメントです。

      『下手な鉄砲数打ちゃ当たる』ではないですが、悪列な腸内環境をお互いサポートしながら高めていく配合になっています。

      今まで腸内環境の正常化に取り組んだことがなく、どんなものが良いかわからない方が『乳酸菌を取り入れる生活』を始めやすいです。もちろん食生活の改善にも取り組みましょう。

      価格 8000円→初回980円(送料無料)
      内容量 顆粒タイプ(30包入) 約1ヶ月分
      おすすめ度 ★★★★

 

    1. 第4位ちょーきれい!善玉ガード

      子供のアレルギーケアならこれが一番です。チュアブルタイプでラムネのようにお菓子感覚で取り入れることが出来ます。

      中身も充実しており、乳酸菌LCKT-11型、ビフィズス菌BB-536型が配合されています。さらに植物性酵素が豊富に入っているので、偏食で好き嫌いが多いお子さんも簡単に酵素や食物繊維の摂取が出来ます。

      日本人は昔から漬け物などで酵素を補ってきましたが、今は嫌いなお子さんも多いですよね。

      また薬のようなものを飲むのが嫌いなお子さんもいます。そのような場合には「ママも飲むかな~」と親子で摂るのも方法です。
      薬の服用などの方法では「母子服用」といいます。

 

  1. 第5位メガサンA150

    腸内細菌は一人のお腹に100兆個以上存在すると言われていますが、その内の1兆をこのサプリメント一包で補うことができます。
    「たった100分の1」という訳ではありません。その数『ヨーグルト100個分』といえば伝わりやすいでしょうか。

    特許製法で作られた乳酸菌『EF-2001』が配合されており、品質も折り紙つきです。

    さらに乳酸菌というのはほんのり甘酸っぱい味がするのですが、このサプリメントはむしろ苦味があり、飲みやすく甘味を付けるなども一切排除した非常に男らしい中身にこだわった出来となっています。

    『毎日100個のヨーグルト分の乳酸菌を摂取』
    『乳酸菌以外の余分なものは一切配合しない』

    という硬派な仕様です。

    1兆という乳酸菌の数はなかなか摂れません。

以上、花粉症対策による腸内環境改善の乳酸菌サプリメントをご紹介致しました。

腸内細菌は自分の腸に定着しやすいもの、しづらいものと様々あります。まずは一ヶ月続けてみて、場合によって何も変化がないなら次々と変えていきましょう。



こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ