花粉症に効く乳酸菌サプリメントのオススメランキング!

花粉は春の時期だけでなく、一年中飛散しています。

花粉症は命に関わる病気ではありませんが、鼻づまりが悪化して一睡もできない。目がかゆくて目の周りが真っ赤になりメイクすることができなくなってしまうなどなど、花粉症になったことがある人しかわからない悩みがたくさんあります。

花粉症対策の薬としてアレグラやアレジオンを服用すると眠気が心配で、服用しづらいし・・・

そんなアナタにオススメなのが副作用の心配が一切ない乳酸菌サプリメントです。

「花粉症にはヨーグルトが効く」と聞いたことがある人は多いでしょう。

 

花粉症に効くヨーグルト画像

 

テレビのCMなどで花粉症にはヨーグルトがいいと一度は聞いたことがあると思いますが、では『なぜ花粉症に乳酸菌が良いのか?』を知らない方はゆっくりとお読みになってください。

花粉症のみならず、アトピーや喘息などのアレルギーにお悩みの方は必見の内容です。

 

 

花粉症に乳酸菌が効く理由とは?

 

 

結論から言えば『花粉症を始めとするアレルギーに乳酸菌は効果があります』

 

花粉症に効果がある乳酸菌画像

 

花粉症の原因は実は花粉ではありません。本来であれば花粉は人間の体にとって害は何もありません。原因は<span class=”b”>体内の免疫バランスの乱れです。

免疫バランスが正常だと、体内に花粉が侵入してきても何も起きません。ところが免疫バランスに異常があると、体内に侵入してきた花粉を免疫が異常な物質とみなして攻撃をしてしまいます。

その結果、咳やくしゃみ、目のかゆみといった症状が現れるわけです。

花粉症の無い人の場合、花粉が身体に入ってきても「花粉さんこんにちわ」という感じですが、体内の免疫が花粉を『敵だ!』と過敏に反応してしまう為に花粉症は発症します。

つまり、『身体に害をさほど与えないものにまで過敏反応を免疫(白血球)がしてしまう』のがアレルギーという病気です。

喘息、花粉症(鼻炎、結膜炎)、アトピーなどは『Ⅰ型アレルギー』に属し、その発症メカニズムは『免疫システムの過敏反応』であり、元をただせば免疫システムを司る『腸内環境の不良』が原因となります。

花粉症の原因は『花粉』だと勘違いされている方が多いですが、そもそもは起こる人と起こらない人がいる時点で違います。

ではなぜ腸内環境が良くないと免疫バランスが崩れてしまうのでしょうか?

これは欧米の方で研究が盛んに行われていましたが、現在、腸に免疫細胞の7割が存在することが関係しています。

腸内の環境は『腸内細菌』のバランスによって変化します。

腸内には約100兆以上もの腸内細菌が住み着いており、大きく分けて3種類の菌『善玉菌』『悪玉菌』『日和見菌』が腸の内部には存在します。

 

腸内環境のイラスト画像

 

腸内環境というのは日々変化していきますが、それはこの三つの腸内細菌のバランスによるものです。

良い腸内環境というのは善玉菌の割合が多く、良い大便を作ります。

赤ちゃんの大便の香りは酸っぱく感じますが、これは腸内で善玉菌が内容物を発酵させる為です。対して悪玉菌は内容物を腐敗させ、大便の匂いを臭くキツくします。色も善玉菌が優位だと茶色になりますが、悪玉菌が優位だと黒くなります。

大便は『大きな便り』と書きますが、まさに腸内環境の今を知る大切な情報を届けてくれます。

悪玉菌が優位になると特定の悪玉菌が毒素を産生し始めます。

花粉症を始めとするアレルギーの本当の原因とは『腸内が悪玉菌で溢れ、腸内が腐敗することにより発生する毒素が血液に入り、白血球が異常をきたす』というメカニズムになります。

ですから善玉菌を増やして行き腸内環境を改善していけば免疫システムが正常になっていき、アレルギーの症状が徐々に緩和されてくる訳です。

そこで腸内環境を善玉菌優位にする為に必要なのが、

善玉菌を優位にするために食生活や生活習慣を改善すること

なのです。

腸内環境が改善されると花粉症やアレルギーだけではなく、風邪やインフルエンザにもかかりづらくなることがわかっています。

 

花粉症は食生活が原因なのか?

花粉症の根本原因は現代の食生活にあります。ファストフードやコンビニの弁当、菓子パンには大量の添加剤や化学調味料が含まれています。

 

偏食
これらの物質は免疫力を弱くして、花粉症やアレルギーを発生させる原因となります。特に注意したいのがマーガリンやショートニングです。コンビニの菓子パンやファストフードのフライドポテトを揚げる時に使用されています。

別名「食べるプラスチック」とも言われており、自然界の動物は口にしません。

食生活を改善するには、自炊するのが一番なのですが、一人暮らしや仕事が忙しい人は時間的に厳しいです。また食生活で改善させるには数か月ほどはかかってしまいます。

なので、腸内環境を一番手軽な方法としては乳酸菌を摂取することなのです。

 

花粉症にヨーグルトは効果があるのか?

 

乳酸菌といえば、ヨーグルトを食べればいいと思い浮かべる方もいますが、ヨーグルトを毎日食べ続けるのは思いのほかしんどいものです。

 

花粉症とヨーグルト画像
また、ヨーグルトをはじめとする乳製品は日本人の体質的に合っていません。欧米人は太古の昔から乳製品を食べて生活してきているのでなじみがありますが、日本人が乳製品を食べ始めたのは明治時代に入ってからです。

日本人の多くは乳糖不耐症といって、乳製品を分解する能力が弱いです。また、乳製品は遅延性アレルギー(食べ始めてから数時間~数日後に現れ症状がそれほど重くない)の原因物質であることが多いです。

毎日ヨーグルトを食べるのを止めてから鼻づまりが解消した事例もあります。

つまり乳酸菌を摂取したいからといってヨーグルトを食べると花粉症がかえって悪化する可能性もあるのです。乳酸菌を摂取するには乳酸菌サプリが一番効果が高いです。

乳酸菌サプリを選ぶ基準は?

では、乳酸菌サプリを選ぶ時にはどのような基準で選べばよいのでしょうか?

乳酸菌は体内に取り入れても、腸に届かないと意味がありません。

よく『乳酸菌は胃酸でやられて死滅してしまう』という話がありますが、きちんと生きて腸に届いて効果が初めて発揮されます。

また市販乳酸菌サプリメントは便秘や便通改善のために作られていることが多く胃酸に弱いので大半が腸に届く前にやられてしまいます。

効果を求めるのであれば胃酸に強く免疫を改善させる専門の乳酸菌サプリをオススメします。

また、値段が高くて心配という方がおられるかもしれませんが、初回購入は一か月分で1000円程度の製品が多いです。初回で解約できますので、市販の製品よりも安く、安心してお試しできます。

 

花粉症対策の内服薬と乳酸菌サプリの比較

 

アレグラの商品画像""
花粉症の薬と言えば抗ヒスタミン薬のアレグラやアレジオンなどが有名ですが、副作用の眠気や体のだるさが挙げられます。そして長期間継続して服用すると体に負担がかかります。

スギ・ヒノキ花粉症で春のシーズンだけ2か月ほど服用を続けるならまだしも、イネ科花粉症やカモガヤ花粉症の方は半年ほど服用を続けなければいけません。

費用の比較ですが、アレグラですと市販や病院で購入すると140~150円ほどかかってしまいます。まして病院で購入すると1時間ほどは時間がとられてしまいます。

毎回病院で処方してもらうと時間やお金もかさんでしまいます。確かに抗ヒスタミン薬の内服薬の方が花粉症の症状を抑える効果が高いですが、副作用や安全面、費用面などトータルで考えれば乳酸菌サプリの方が優れています。

 

 

花粉症にオススメの乳酸菌サプリランキング

 

では花粉症の予防対策にオススメの乳酸菌サプリメントランキングを紹介します。

 

    1. 第1位アレルライトハイパー

       

      アレルライトハイパーの商品画像

      • 初回980円、その後も一日138円と圧倒的なコスパ
      • 一日辺りヨーグルト50kg分の圧倒的な乳酸菌の量
      • 美肌成分ビオチン配合

      アレルライトハイパーはツルコケモモという果実から採取された植物性乳酸菌を、一日2粒の中になんとヨーグルト50kg分ギュっと濃縮したサプリです。

      ヨーグルトパックに換算するとなんと100パック分です。

      圧倒的な乳酸菌の数で、多くの乳酸菌を腸まで送り届けます。数を打てば当たるという発想です。もちろん植物性の乳酸菌なので胃酸にも強いので安心です。

      美肌や健康促進に効果があるビオチン(ビタミンbの一種)も配合されています。

      花粉症だけではなく一年中アレルギーにお悩みの方にもオススメできます。

      定期コースで初回は980円、2回目以降は10%offの4140円です。一日140円ほどで辛い花粉症の症状が和らぐのであれば納得できる価格ですね。

      価格 4600円初回980円(送料無料)
      内容量 30日分(1日2粒×30日)
      おすすめ度 ★★★★★

     

    1. 第2位ラクトプラン

       

      『ヨーグルトをいくら食べても効果が無かった』という方は一度このサプリメントを試すと良いです。胃酸に負けずに腸に届くように作られた乳酸菌HK L-137型が配合されています。ラクトプランはL-137という種類の乳酸菌を特殊な加熱加工をしてHK L-137という乳酸菌に変化させて使用しています。

      通常の乳酸菌であれば、加熱すると死んでしまい効果が無くなるのですが、HK L-137加熱して死なせることによってより生命力が強くなる特殊な乳酸菌です。これによって胃酸に負けず腸まで効果をキープしたまま乳酸菌が届きます。便秘ではなく免疫強化専門のサプリメントです。

      大企業であるハウス食品が特許を取得している為、信頼性におけることと、実際に効果があることが実証されています。今なら初回購入が一日たったの50円です。2か月目以降でも一日たったの100円とお手頃な価格です。

      花粉症アレルギーだけではなく風邪やインフルエンザの予防効果があるので健康全般に気をつかいたい方にもオススメです。

      価格 3086円初回1544円(送料無料)
      内容量 30日分(1日3粒×30日)
      おすすめ度 ★★★★★

 

 

    1. 第3位 アレルナイト

      腸内環境と肌の関係は古く、東洋医学では2000年前から臨床され続け、精神安定にも関係があると言われています。腸内環境、及び副交感神経の働きを整えることにより、寝ている間に粘膜の修繕を行い、朝の不快な鼻の症状が軽減されます。寝ている間の『身体の修繕』に特化した乳酸菌サプリメントと言えます。

      価格 9000円(定期コースは5980円)
      内容量 顆粒タイプ(2.5g×30本) 約1ヶ月分
      おすすめ度 ★★★★

       

 

    1. 第4位カルグルト

      ビフィズス菌ビースリー、ラクリス菌、ラブレ菌、ガセリ菌、乳酸菌LFK型とこれでもかと言わんばかりに善玉菌を詰め込んだサプリメントです。

      『下手な鉄砲数打ちゃ当たる』ではないですが、悪列な腸内環境をお互いサポートしながら高めていく配合になっています。

      今まで腸内環境の正常化に取り組んだことがなく、どんなものが良いかわからない方が『乳酸菌を取り入れる生活』を始めやすいです。もちろん食生活の改善にも取り組みましょう。

      価格 8000円→初回980円(送料無料)
      内容量 顆粒タイプ(30包入) 約1ヶ月分
      おすすめ度 ★★★★

 

    1. 第5位ちょーきれい!善玉ガード

      子供のアレルギーケアならこれが一番です。チュアブルタイプでラムネのようにお菓子感覚で取り入れることが出来ます。

      中身も充実しており、乳酸菌LCKT-11型、ビフィズス菌BB-536型が配合されています。さらに植物性酵素が豊富に入っているので、偏食で好き嫌いが多いお子さんも簡単に酵素や食物繊維の摂取が出来ます。

      日本人は昔から漬け物などで酵素を補ってきましたが、今は嫌いなお子さんも多いですよね。

      また薬のようなものを飲むのが嫌いなお子さんもいます。そのような場合には「ママも飲むかな~」と親子で摂るのも方法です。
      薬の服用などの方法では「母子服用」といいます。

 

以上、花粉症対策による腸内環境改善の乳酸菌サプリメントをご紹介致しました。

腸内細菌は自分の腸に定着しやすいもの、しづらいものと様々あります。まずは一ヶ月続けてみて、場合によって何も変化がないなら次々と変えていきましょう。



こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ