アレルライトハイパーは花粉症に効果ある?アレルギーは治ります!

毎年、春になるとスギやヒノキ花粉が原因で目がかゆくて目の周りが真っ赤になってしまう、そこのアナタ!

花粉症は命に関わる病気ではないですが、症状が進行すると生活に支障が出てしまいます。

今回は花粉症を始め、アトピーやアレルギーの症状を和らげるサプリメントをご紹介します。

鼻のつまりで息苦しくて不眠気味になってしまったり、咳がひどくて花粉症のシーズンはほとんど寝られないという
方、一年中ハウスダストやダニなどの何らかのアレルギーに悩まされている方は是非最後までお読みください。

花粉症アレルギーの原因や改善方法とは?

花粉症はアレルギーの一種です。アレルギーは大きく分けて1~4型まであります。花粉症は1型アレルギーに分類されており、他の1型のアレルギーは喘息やアトピー、蕁麻疹が挙げられます。

実は、1型アレルギーに分類される、花粉症や喘息、アトピー、蕁麻疹は全て原因が共通しています。

原因となる花粉が体内に入ると、リンパ球(体内の免疫システム)が花粉を異物とみなしてIgE抗体(花粉に抵抗するための物質)を作ります。

このIgE抗体が体内の肥満細胞という細胞にくっつくことで、花粉アレルギーの症状が発生してしまいます。

ここで重要なことは花粉自体がアレルギーの原因なのではなく、花粉をアレルギーの原因と認識してしまう体内の免疫システムの異常が、花粉症アレルギーが発症する原因なのです。

花粉症の患者数は昔よりも増加しています。スギやヒノキの植林の増加も、花粉症の原因として考えられますが、一番の大きな原因は、現代社会における環境汚染や食生活の変化です。

排気ガスやスモッグなどの影響で大気は昔よりも汚染されてきていますがこれらの化学物質が体内に入ると、免疫力が低下します。

また、近年は食が飽和しており手軽に食べられるファストフード、スナック菓子、菓子パンなどがすぐ手に入ります。コンビニに行けば弁当がすぐ購入できます。

しかし、これらの食べ物は化学調味料や添加物まみれで、体内の免疫システムを破壊します。

例えば菓子パンによく入っているマーガリンですが、「食べるプラスチック」と呼ばれるトランス脂肪酸が含まれています。

トランス脂肪酸はアメリカでは大変危険な物質と言われており、研究によると心臓疾患や免疫力の低下、アレルギーの原因となることが証明されています。

ファストフードは安くて早い代わりに、体にとっていろいろな有害物質が多くふくまれているのです。

上記はほんの一例ですが、現代の食生活の変化が、花粉症を初めとするアレルギー発症の原因になっていることは間違いありません。

花粉症は一度発症したら一生完治することはありません。花粉が体内に入り込み、その量が蓄積され体の許容量を突破すると、花粉症が発症してしまうのです。

よく、花粉症アレルギーの症状を抑える薬としてアレグラやアレジオンが有名ですが、症状をただ抑えるだけしか効果がなく、服用しなくなると再び症状が発症してしまいます。

それらの薬を1か月程度服用するのであれば、体に負担はかかりませんが、長期間服用すると体に負担がかかってしまいます。

また、眠気や喉の渇きといった副作用を心配される方も多いと思います。

そのような場合には乳酸菌を摂取することをオススメします。

花粉症は口に入れる食べ物が原因だと説明しましたが、食生活で花粉症を改善したいと思った場合、添加物や化学物質を含まない食事をするためには全て手作りでないといけません。

他に同居している家族や実家住まいの方は、毎食手作りの食事をすることは可能ですが、一人暮らしの場合は毎食手作りの食事を用意することは時間的に難しく、コンビニで菓子パンやカップラーメンで済ませてしまうこともあるでしょう。

また食生活でアレルギー体質を改善する場合は早くても数か月はかかります。確かに食事で治す方法はお金はかかりませんが、時間、手間はかかってしまうのです。

そこで一番効率が良い方法が乳酸菌を摂取することなのです。

体内の、免疫システムは免疫細胞によって作り上げられますが腸の中に大半の免疫細胞がいます。

腸の状態を良くすれば、免疫細胞も活発になり、体内の免疫バランスの乱れを改善することにより花粉症アレルギーに負けない強い体を作り上げることができるのです。

乳酸菌を摂取すると腸に善玉菌が増えるので、腸の状態が良くなり体内の免疫も強化されます。逆に体に悪い食べ物(添加物や化学物質、合成着色料など)を食べると腸に悪玉菌が増えて、体の免疫力が落ちてしまいます。

乳酸菌と言えば、ヨーグルトを毎日食べればいいと思うかもしれませんが、毎日ヨーグルトを食べ続けるのは思いのほか大変です。花粉症を改善するためには毎日1パックは食べないといけないと言われています。

加工されている甘いヨーグルトは大量の砂糖が入っており、腸内の悪玉菌を増やす原因となってしまいます。また、日本人は乳糖不耐症といって牛乳を始めとする乳製品の消化が苦手な体質の人が多いです。

欧米の人は古来から乳製品を食べて生きてきましたが、日本人が乳製品を摂取し始めたのは産業革命以降です。つまり日本人の遺伝体質的に、毎日ヨーグルトを食べるのは合っていないのです。

自分の友人で牛乳やヨーグルトを毎日食べている人が、食べるのを止めたら慢性的な鼻炎が改善したこともあります。

花粉症を改善させるために、ヨーグルトを毎日食べているのに、実はヨーグルトが花粉症アレルギーの原因になっていたとしたら本末転倒ですよね。

しかし、乳酸菌は体内の免疫力を向上させて、花粉症アレルギーを改善する効果があることは先ほど説明しました。

乳製品の摂取量をできるだけ少なくして乳酸菌を取るにはどうしたらいいのでしょうか?答えは乳酸菌サプリメントから乳酸菌を摂取すれば良いのです。

ただ、乳酸菌ならなんでも良いというわけではありません。乳酸菌は口から入って消化管を通り胃に到達するまでに、消化液や胃液によって死滅してしまいます。

生きたまま腸まで到達しないと乳酸菌を摂取する意味はありません。

生きたままの乳酸菌を腸まで到達させるには二つの方法が考えられます。

一つは生命力が強い乳酸菌を選ぶこと。もう一つは大量の乳酸菌を摂取すること。

市販の乳酸菌サプリは生命力が強くないですし、そこまでや大量に乳酸菌が配合されていません。

そこで今回、オススメするのがアレルライトハイパーという乳酸菌サプリです。

 

 

アレルライトハイパーはどのような商品?

 

 

アレルライトハイパーの一番の特徴は、一日分の服用量の2粒になんとヨーグルト50kg分もの乳酸菌が配合されていることです。

一般的にスーパーで販売されているプレーンヨーグルトは1パック450gですので、アレルライトハイパーは一日あたり、ヨーグルトを111パック分食べているということと同じになります。

アレルライトハイパーはリフレクト乳酸菌と言う種類の乳酸菌が含まれていて、その乳酸菌が5000億個も含まれています。

つまりアレルライトハイパーは圧倒的な乳酸菌の量で、腸までしっかり届く乳酸菌を多くするという考えの元に作られたサプリなのです。

例えば営業成績が1割と2割の営業マンがいたとしましょう!同じ数のお客さんだけ営業をかけたら2倍の成約数は違いますが、営業成績が1割の営業マンが2割の営業マンより3倍お客さんに営業をかけたら彼の方が成果がでます。

もちろん、アレルライトハイパーに含まれているリフレクト乳酸菌は日清食品研究の末に、ツルコケモモから抽出した植物性乳酸菌を使用しているので、市販の乳酸菌よりも質は優れています。

 

 

アレルライトハイパーの口コミや評判は?

 

 

ここで、実際に使用してみた口コミや評判を見ていきましょう。

春のシーズンになると、毎年スギやヒノキ花粉に悩まされていました。特に目のかゆみがひどく病院で処方してもらったステロイド目薬を差しても10分後くらいにはまた目のかゆみが襲ってきて、目を頻繁にこすってしまい目の周りだけ真っ赤に腫れあがりメイクがまったく出来ずにすっぴんで過ごさなければいけませんでした。

このサプリを服用し始めて3週間ほどしたら目のかゆみが完全には治まりませんでしたが、目をこすらなくても良くなったので今では薄いメイクなら出来るようになり春でもオシャレを楽しんでいます。

・ともみさん

元々アレルギーに弱いデリケートな体質で、春から秋にかけてスギだけではなくイネ科やブタクサ花粉など、他にはハウスダストやダニなど1年中、何かしらアレルギーの症状が出ていました。

特に辛かったのがイネ科花粉症で5月と9月になると咳やくしゃみが止まりませんでした。時期的にマスクやゴーグルができないし、車で営業を回っていたので花粉症対策の薬として有名なアレグラやアレジオンを服用することは危なくてできませんでした。

そんな中、副作用が無く、自然な形で体内の免疫バランスを強くしてアレルギーの症状を抑える効果があるのは乳酸菌だと知りました。

ヨーグルトを毎日食べるのは抵抗があったので手軽に乳酸菌を摂取できる形として乳酸菌サプリを選び、ヨーグルト100パック以上もの乳酸菌が含まれていることに魅力を感じてアレルライトハイパーを購入しました。

もちろん病院で処方される、効果が強い花粉症対策の内服薬(アレロック)よりは効き目がないですが眠気が全くないことやコスパを考えると、アレルライトハイパーの方が優れていると感じました。

これからも毎日コツコツ飲み続けてアレルギーに強い体をキープしていきたいです。

・トモヒロさん

もともと夜勤の工場勤務で、一人暮らしということもあり毎食、コンビニの菓子パンやスナック菓子、カップラーメンなどかなり荒れた食生活をしていました。

自炊をする時間や体力がないですが、軽い花粉症とアトピーをわずらっており、何かアレルギーの症状を改善する方法はないかと悩んでいたところ、植物性乳酸菌が大量に含まれているという所に魅力を感じてアレルライトハイパーをお試しで購入しました。

3~4週間で効き目があるとのことでしたが、自分は一ヵ月たっても症状が改善したようには思えませんでした。

いくら質がよい乳酸菌を大量に摂取しようと食生活が荒れていたら効き目が無くなってしまうのかもしれません。3食自炊は難しいですが、ご飯だけは家で炊くようにしておかずだけ近所の手作りの総菜屋で購入することで食生活を改めることから始めていきたいです。

口コミや評価をここでいったんまとめてみましょう。

  • 完全に症状は治まったわけではないが随分和らいだ
  • 病院の処方薬よりは効果がないが眠気などの副作用がないのは魅力的である
  • 根本的な食生活を変えなければ、アレルライトハイパーの効果も薄くなってしまう

 

アレルライトハイパーの成分は?

 

 

アレルライトハイパーに含まれている成分で花粉症アレルギーに関係あるものは二つあります。

・リフレクト乳酸菌

これはツルコケモモという果実から発見された乳酸菌を、日清食品の研究チームが独自に開発したものです。乳酸菌には動物性と植物性2種類があり、リフレクト乳酸菌は植物性です。

植物性の方が動物性よりも生きたまま腸に届くことができるので、効率よく乳酸菌の効果を実感することができます。

アレルライトハイパーは何とヨーグルト50kg分相当の乳酸菌を一日分のサプリに凝縮しています。

・ビオチン(ビタミンb7)

これはビタミンBの一種で皮膚炎や脱毛、ニキビなどを予防改善する効果があります。皮膚や粘膜の健康維持には欠かせないビタミンで、体内の糖質の代謝やアミノ酸、コラーゲンが作られるのに深く関わっています。

アレルギー体質を改善して美肌効果もあるので花粉症で肌荒れを起こしている人に特にオススメの成分です。女性にとっては嬉しいビタミンですね!

 

 

アレルライトハイパーの効果や副作用は?幼児や子供、妊婦は服用OK?

 

 

ここでは、アレルライトハイパーの効果や副作用、使用上の疑問をまとめてみました。

 

アレルライトハイパーの効果は?

 

花粉症を始めとする、喘息やアトピーなどアレルギーの症状全般を和らげる作用があります。もちろん病院などで処方される抗ヒスタミン薬やステロイドよりは効果が劣りますが、副作用がないので、長期に渡って安全に服用することができます。

アレグラやアレジオンなどの抗ヒスタミン薬の内服薬は長期で使用すると体に害を及ぼすことがあります。そのため春のシーズンだけ使用するならまだしも、長期間使用すると悪影響を及ぼします。

またビオチンも含まれているので美肌効果も期待できます。乳酸菌が配合されているので整腸、便の通りを良くする効果もあります。

 

副作用は?

 

これといった副作用はありません。27品目の食材に対してアレルゲンフリーですので、食べ物に関してアレルギーがある方でも安心して服用することができます。

アレルゲンフリーの対象食材は以下の27品目です。

えび、カニ、小麦、そば、卵、乳、落花生、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛乳、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

花粉症にかかるとキウイやバナナにアレルギー反応を起こすこともあるので嬉しい配慮ですね。

 

乳酸菌をヨーグルト50kg分も一日で摂取して大丈夫?

 

一日にヨーグルトを50kgも摂取すると、お腹をくだしたり健康上に害がでますが、ヨーグルト50kg分の乳酸菌を摂取することは何も問題ありません。お腹を下す心配もありません。

ただ、摂取しはじめは乳酸菌に体が慣れていないのでお腹がゆるくなることはありえます。体の溜まっていた老廃物が外に出ている証拠なので、そのまま続けてアレルライトハイパーを服用すれば腸内環境が改善されていきます。

 

子供や赤ちゃん、妊婦は服用して平気?

 

全く問題ありません。成分として含まれているビオチンを過剰摂取することで、体に悪影響を及ぼす心配をされる方がいますが、ビオチンは水溶性ビタミンなので全く問題ありません。

水溶性ビタミンは体にとって不必要な分は尿として体外に排出されるので安全です。そしてアレルライトハイパーには、一日の適切な摂取量のビオチンしか含まれていないのでなおさら安心です。

 

どのような服用方法が効果がある?

 

一日2錠、どのタイミングで服用しても構わないのですが、自分がオススメする方法は食後に朝と夕方1錠ずつ飲むことです。

乳酸菌は胃酸に弱いのですが、食前よりも食後の方が遺産の分泌が穏やかになります。(食べ物や水分で胃酸が薄められているというのもあります。)

そして乳酸菌は体内に取り入れてある程度時間が経過すると死んでしまうので、一度に大量に摂取するよりかは、細目に摂取する方が効果が発揮されます。

そのため、朝と夕方の食後に1錠ずつ摂取する方法をオススメしています。

 

飲み続けるのを止めると効果が無くなってしまう?

 

リフレクト乳酸菌で花粉症アレルギーの症状が和らいだので、安心んして服用を中断してしまうと再び花粉症アレルギーの症状がひどくなる可能性があります。

乳酸菌で腸内環境が改善されたのはいいのですが、体内に取り入れた乳酸菌は時間が経過すると死んでしまいますので、定期的に乳酸菌を摂取しないと再び腸内環境が悪くなってしまう可能性は高いです。

 

アレルライトハイパーとアレルケアの比較

 

花粉症やアレルギー専用の乳酸菌サプリは種類がいくつかあります。ここではアレルライトハイパーとアレルケアの比較をしてみます。

アレルケアはカルピスが製造している、花粉症やアレルギーを和らげる効果があるL-92乳酸菌が配合されたものです。

どちらのサプリメントが効果があるのか?と思われるかも知れませんが、結論からいうと、人それぞれに合う乳酸菌、合わない乳酸菌がありますのでどちらが効果が高いのかは正直試してみないとわからない所はあります。

二つの比較を表にしてまとめてみました。

 

アレルライトハイパーの最安値は?

 

 

アレルライトハイパーが購入できるのはamazonからでも購入できます。

 

アレルライトハイパーのamazonの商品画像

 

楽天市場では販売されていません。

 

楽天市場でアレルライトハイパーが販売されていない画像

 

最安値で購入できるのは、公式サイトからのみとなっております。

公式サイトからは定期コースで初回980円(税抜)、2回目以降は10%OFFの4140円(税抜)となっています。一方amazonだと4980円となっています。

また市販の薬局やドラッグストアでは販売されていません。

アレルライトハイパーの支払い方法や解約方法は?

アレルライトハイパーのまとめ

アレルライトハイパーは植物性乳酸菌を、2粒にヨーグルト50kg分ギュっと凝縮した乳酸菌サプリメントです。

以下のような方に特にオススメします。

 

  • 副作用なく花粉症の症状を改善したい人
  • 自炊する暇がないが腸内環境を良くしたい人
  • 季節問わず一年中アレルギーに悩まされている人

 

花粉症やアレルギーに悩まされない強い免疫力を手に入れたい方は是非お試しください。



こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ