Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kaulia/xn--i6z09j.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

花粉症と風邪の違い見分け方

花粉症のシーズンはだいたいが春ですが、春といえば
天候や気温の差が激しくて、風邪も引きやすい季節です。

風邪と花粉症の症状は似たり寄ったりで間違ってしまう
ことも多い
と聞きます。症状が違えば治療法も違い
ますからね。今回は見分け方について書いていきます。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


 

 

花粉症と風邪の違いと見分け方

 

 

・原因

風邪の場合はウィルスや細菌感染が原因です。

花粉症の場合は、口や鼻や目の粘膜から
花粉が入ってくることが原因の
花粉によるアレルギー反応です。

 

 

・熱

風邪は発熱を伴う場合が多いです。

一方花粉症の場合は、発熱を伴わない場合が
ほとんどですが、頭痛や鼻づまりによって脳が酸欠
となるので頭がボーッとしてしまい、それが原因で
微熱が出てしまうこともあるようです。

 

 

・鼻水や痰

風邪は、粘度が高い粘り気のある黄色い鼻水が
出ます。これは、鼻水の中にウィルスや細菌の
残骸が含まれているからです。痰に関しては粘り気
のあるものが出やすくなります。

花粉症は、色がなく透明でサラサラの鼻水です。
ただ、子供が花粉症にかかると、鼻水はドロドロ
になってしまう場合が多いようです。痰については
ほとんどでません。


スポンサードリンク


・かゆみ

風邪の場合は、かゆみはほとんど出ないでしょう。
しかし、花粉症の場合は、目や皮膚に強いかゆみ
が出ます。

・くしゃみや咳

風邪の場合はくしゃみより咳の頻度の方が圧倒的に
多いです。しかし花粉症の場合はくしゃみを頻繁に
何回もしてしまいます。咳はあまり出ません。

 

 

・食欲や体力

風邪の時には食欲や体力は大きく低下します。
しかし、花粉症の場合はほとんど変化がないでしょう。

・眠気

風邪の場合は、体力が低下したり
薬の副作用によって眠気が出ます。

一方花粉症の場合も、鼻づまりによって脳が酸欠状態
になるので頭がボーッとして眠くなることもあります。
花粉症の薬、例えばアレグラも副作用として眠気が
あります。

なので、眠気に関しては両者とも違いはないでしょう。

 

 

・症状の期間

通常風邪は長くても1週間ほどで完治します。
しかし、花粉症の場合は、3~4月など花粉が
飛散するシーズン全般に渡って症状が出続けます。

・天気や時間と症状の関係

風邪は、曇りや雨の日の時には気圧が低くなるので
喘息や咳の症状が重症化します。また、就寝している
夜間の時間に、ホルモンバランスの関係で症状が
重くなる場合があります。

一方花粉症は、晴れていて風が強い日に症状が
重くなります。というのも昼間で風が強く晴れている
時には花粉の飛散量が多くなるからです。

そして、室内に入って花粉を落とすと症状が和らぐ
ことが多いです。雨天や夜間の場合は花粉の飛散量
が少なくなるので症状が軽くなる傾向があります。

 


スポンサードリンク


 

花粉症の治療は?

花粉症は鼻のつまりやのどの痛み、目のかゆみなど
症状が多岐にわたります。症状が軽症の場合は家に
帰宅するとき花粉を払ったり食生活改善などで
平気でしょうが、重症の場合は抗アレルギー薬を
飲むなど専門的な治療が必要です。

花粉症とアレグラ

パタノールの効果

まれに、花粉症と風邪を同時に併発してしまうことも
あるようです。そのときは、内科に行き医者の判断を
仰ぐようにしてください。

ブタクサアレルギーの症状や治療

ブタクサ花粉症の飛散時期ピーク予想は?バナナで症状が悪化?

カモガヤアレルギーと果物のメロンスイカの関係!小麦は?

カモガヤ花粉症の時期いつまで?対策と症状と薬!



こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ