Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kaulia/xn--i6z09j.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

花粉症の植物ブタクサ、ヨモギ、セイタカアワダチソウ、カナムグラの特徴!

花粉症は春だけの症状と思われがちですが
実際の所は、花粉はいろいろな種類が一年中
大気中に飛散しているわけです。

今回は、夏の終わりに飛散する花粉を
まとめていくつか紹介します。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


 

 

ヨモギ

 

 

ヨモギは道端や公園などいたるところに
生えています。手軽に採取できる雑草の
1つです。

WS000010

ヨモギの花粉は8~10月にかけて飛散します。
別の名前ではモチグサと呼ばれていて、
ヨモギの餅を作る時に使用されています。

私も小さい頃に、おばあちゃんとヨモギを
公園でつんで、ヨモギ餅を作った覚えが
あります。

 

 

アンコは甘いですがあの、ヨモギのちょっと
苦い風味がアクセントが効いていておいしい
ですよね。

日本では昔から傷の消毒として用いられたり
お風呂に入れたりしてきました。韓国のエステ
では美容効果や新陳代謝がUPするとして
重宝されている薬草です。

しかし、残念ながら花粉症の原因となって
しまいます。ヨモギ花粉症になってしまうと
セロリやメロン、リンゴ、スイカ、人参などで
食物アレルギーを起こしてしまうリスクが
高まる
と言われています。

注意してください。

 


スポンサードリンク


 

カナムグラ

 

 

クワ科の一種で茂みになって雑草として
繁殖しています。茎や葉にはトゲがついて
いるので素手で触るとケガをします。

WS000007

1年草といって、一年で枯れてしまうので
除草剤を散布したら駆除できますが
生命力が異常に強いので、人々は太古の
昔から駆除するのにとても苦労したそうです。

その苦労話が万葉集に載っているほどです。

種子は見た感じがビールの原料であるホップ
に似ていて、煎じて服用すると利尿作用や
解熱の効果があります。

 

 

このカナムグラも8~10月が花粉の飛散
シーズンとなるので夏が終わった時期に
鼻がムズムズすると思ったらカナムグラが
原因かわかりませんが、秋の花粉症で
あることを疑ったほうがいいでしょう。

 


スポンサードリンク


 

セイタカアワダチソウ

この植物は花粉症の原因にほとんどならない
と言われています。虫を使って受粉する虫媒花
だからです。

WS000008

風を利用して受粉する風媒花だと、大気中に
大量の花粉を撒き散らしますが、この植物は
ほとんど撒き散らしません。

春菊と同じジャンルの植物なので、食べることも
できます。薬用として、乾燥させた茎や葉をお風呂に
入れると、皮膚の炎症を和らげることができます。

有益な植物ですが、ブタクサと見た目が非常に似ている
ために、花粉症の原因だと誤解されています。

もう一度いいますが、このセイタカアワダチソウが
花粉症の原因になることはほぼありえません。

 

 

ブタクサ

 

 

これは、アメリカでは一番花粉症の原因となる
植物として知られています。日本ではスギや
ヒノキによる花粉症が一番の原因ですが。

WS000009

この花粉症を発症すると、スイカやメロンやきゅうり
などウリ科の物を食べたら食物アレルギーとなる
恐れがあるので注意してください。

セイタカアワダチソウとブタクサは見た目が大変
似ているので混同されやすいですがこのブタクサは
花粉症の原因になるので注意してください。

まとめ

秋の花粉症は植物がいろいろあるので、どの種類の
花粉が原因なのかは特定が難しいです。

花粉症目薬にパタノールは?

なので血液検査をして原因を特定してから対策を
初めても遅くはないです。スギ花粉と基本的には
同じ対処方法でOKです。

ブタクサアレルギーの症状や治療

ブタクサ花粉症の飛散時期ピーク予想は?バナナで症状が悪化?

カモガヤアレルギーと果物のメロンスイカの関係!小麦は?

カモガヤ花粉症の時期いつまで?対策と症状と薬!



こんな記事も読まれています

関連記事あります。

コメントを残す

サブコンテンツ