イネ科アレルギーの食べ物!米、麦茶、パン

一番の花粉症の原因となる花粉は日本ではスギやヒノキですが、近年はイネ科の植物によるアレルギーが多いとされています。

イネ科花粉症を発症してしまうと、食物アレルギーを発症してしまう場合があります。

予防対策や日常生活で気をつける点はあるのでしょうか?また、イネ科花粉症が原因の食物アレルギーの症状を和らげる方法についても解説していきます。

イネ科アレルギーに効くサプリはこちらをクリック

 

食物アレルギーってそもそも何?

 

大きくわけて二つのアレルギーのタイプがあります。

 

即時型アレルギー

 

アレルギー症状の原因となるアレルゲンを何かしら食べた時に数時間以内に症状がでる場合です。

皮膚に赤みやムクミ、じんましんが出ることがあり、症状が重くなってくると、下痢や嘔吐もあります。

アナフィラキシーショックを起こして意識が無くなってしまうこともあります。

この即時型アレルギーは、IgE抗体の活動が原因で引き起こされます。実際に人によってどの食べ物がアレルゲンとなるのかは、血液検査をしてみないとわかりません。

しかし、血液検査でIgE抗体の値が高くある食べ物でアレルギー反応が陽性だった場合も、その食べ物でアレルギー反応が出るかどうかはわかりません。

また、IgE抗体の値が低くアレルギー反応が陰性だったとしても、実際に食べ物を食べたらアレルギー反応が出てしまうケースもあります。

なので、厳密に調べるには食物負荷試験といって実際にある種の食べ物を食べて体の反応を確認する必要があります。

 

遅延型アレルギー

 

これは、ある種類の食べ物を食べたから数日後に湿疹やかぶれといった症状が起きるものです。

IgE抗体は関係なくて、リンパ球の活動が原因とされています。

検査するには、自身の血液からリンパ球を取り出して、アレルギー物質と混ぜ合わせるという、リンパ球幼弱化試験がありますが一般的な病院では行っていません。

しかし、自宅でできる検査キットがあるので調べることはできます。

 

 

イネ科花粉症と食物アレルギーの関係

 

 

イネ科の花粉症にかかってしまうと、イネ科の食べ物を摂取することによってアレルギーになるリスクが高まります。

夏の花粉症アレルギーの症状と対策と原因!薬は?

イネ科花粉症の症状に効く市販薬や処方薬まとめ

イネ科花粉症の時期と症状は咳、肌荒れ、目のかゆみ

イネ科アレルギーの時期と症状!咳の薬!田植えは?

特に小麦アレルギーには注意すべきです。イネ科花粉症にかかっている場合小麦の摂取量が多くなると、小麦アレルギーになる
危険性が高まります。

 

小麦を使った食品は、パンやうどんなどの炭水化物が有名ですが、カレーやシチューのルーなど意外な食品にも含まれているので注意が必要です。

ケーキやせんべい、味噌や食用油といった日常で私たちが口に入れている物にも小麦は含まれて居ます。

麦茶やビールやお米もイネ科アレルギーの対象になるので注意が必要です。お米も小麦とは違いますがイネ科植物の一種です。

また、米や小麦アレルギーにすでにかかっている人はイネ科花粉症にかかってしまうリスクが高いのでこれも注意が必要です。

小麦に対してアレルギー反応を起こしていてもハトムギや大麦は平気な場合がありますから血液検査で詳しく原因物質を特定するのが早道でしょう。

 

イネ科アレルギーに効くサプリはこちらをクリック

 

イネ科アレルギーの原因や食べ物アレルギーによる症状を和らげる方法とは?

 

 

イネ科アレルギーやイネ科の植物が原料である、麦茶やビール、パンを食べた時に体に違和感を感じるアレルギーの原因は一言で言えば、腸内環境の悪化です。

現代社会の食生活は腸内環境を悪化させる、合成添加物や有害物質に満ち溢れています。それらの物質が腸内環境の悪化を引き起こして体内の免疫力を低下させて、アレルギーになりやすい原因を作っています。

逆に腸内環境を改善できればアレルギーの症状は和らぎます。

そこでオススメなのが毎日、長期間服用しても体に負担がかからない乳酸菌サプリを使用する方法があります。乳酸菌を摂取することで腸内の環境が改善されて免疫力がアップします。アレルギーの症状は腸内環境の異常が原因と言われています。

乳酸菌といえば毎日ヨーグルトを食べることを思い浮かべる人も多いと思いますが、市販のヨーグルトや乳酸菌サプリは、乳酸菌が腸に到達するまえに、胃酸で生命力が失われて効果がかなり減ってしまいます。それに毎日ヨーグルトを食べるのは思いのほか大変です。

オススメするのはラクトプランという乳酸菌サプリメントです。このサプリはl-137という種類の乳酸菌を特殊な加熱加工をすることによって、HK-l137という種類の乳酸菌に変化させてHK-l137を使用しています。

通常の乳酸菌であれば、熱を加えると死んでしまい効果が無くなってしまいますが、l-137は加熱することによってさらに生命力が増します。

これによって、腸まで生命力が強い状態で乳酸菌を送り届けることができ、アレルギーの症状を効果的に緩和できます。

ラクトプランを飲み始めて2週間ほどで体の調子が良くなる実感をした人もいます。つまり効果の即効性が高いということです。

継続して3か月以上使用した人が、購入者の9割を占めていることからもわかる通り、長期で使用することによって体の状態の良さを実感している人が非常に多いです。

l-137を含んでいる製品はラクトプランしかなく、ラクトプランは市販で販売されておりません。公式サイトでのみ購入することができます。

今なら初回お試し1か月で1500円で、1日あたり約50円です。これは市販の抗アレルギー薬であるアレグラの半額以下の値段となっています。(アレグラは1日あたり100~150円かかります。)

副作用もありませんし、継続して長期間服用しても何も問題ないばかりか、体の免疫力が高まるので、風邪やインフルエンザにもかかりづらくなります。ある実験によるとワクチンと同等の効果があったそうです。

ラクトプランは以下から購入することができます。

 

ラクトプランの詳しい口コミは?
イネ科花粉症の飛散時期は5~9月と長期間なので、その間にずっと抗アレルギー薬を服用していると体に副作用が生じてしまいます。

 

その点、ラクトプランは乳酸菌サプリメントなので長期間、毎日服用しても副作用の心配はいりません。花粉が体内に入っても、大丈夫なように免疫力を乳酸菌で高めましょう。

 

ブタクサアレルギーの症状や治療

ブタクサ花粉症の飛散時期ピーク予想は?バナナで症状が悪化?

カモガヤアレルギーと果物のメロンスイカの関係!小麦は?

カモガヤ花粉症の時期いつまで?対策と症状と薬!

花粉症と野菜果物でアナフィラキシーショックは起こる?

イネ科花粉症とカモガヤの対策は?アレルギー検査

イネ科の雑草アレルギー図鑑画像!芝生は?

イネ科の植物一覧図鑑画像!花粉症やアレルギーの原因

イネ科アレルギーでアナフィラキシーショックの対策は?

スギ花粉とまぶたの赤い腫れ

クラビットとパタノール

花粉症のイネ科植物!ハルガヤ、ギョウギシバとは?

花粉症のイネ科植物!ススキ、カモガヤ、ホソムギは?



こんな記事も読まれています

関連記事あります。

コメントを残す

サブコンテンツ