夏の花粉症アレルギーの症状と対策と原因!薬は何が効く?

日本の花粉症の一番の原因はスギヒノキ花粉なので
春が一番花粉症を発症する人は多いです。

しかし、それ以外の種類の花粉も一年中飛散してます。
今回は夏の花粉症の症状や対策をまとめました。

 

夏の花粉症の原因は?

 

 

スギ花粉の飛散は4月にはだいたい終わりますが5月になるとイネ科の植物の花粉が飛散しはじめます。

イネ科花粉は時期が長く5月~9月ごろまでシーズンです。イネ科の植物は種類が豊富なので、どの植物の花粉がアレルゲンか特定しづらいです。

また、8~10月やヨモギやブタクサ、カナムグラといった植物の花粉も飛散します。北海道だとシラカバも花粉症の原因になります。

 

花粉症に効くサプリはこちらをクリック

 

夏の花粉症の症状や対策

 

 

スギ花粉症にかかってしまうと、カモガヤ花粉症を併発しやすいといわれており、注意が必要です。

また、ある種類のイネ科花粉症にかかってしまうと他のイネ科植物の花粉症も併発するリスクが高まります。

スギヒノキと違い、夏の飛んでいる花粉は背丈が低い草から飛散しているのでそこまで遠くには飛びません。

しかし、夏に花粉を飛ばしているイネ科の植物は私たちの日常生活の近くに存在します。

例えば公園や芝生や土手などです。なので完全に花粉を避けることは難しいでしょう。

外出するときに、花粉を避けるためにマスクやゴーグルをするのは対策のうちのひとつですがそれは、春の花粉症の場合です。

夏の蒸し暑い時期にマスクやゴーグルをするのは不便なので現実的には難しいでしょう。

帰宅してからすぐにシャワーを浴びることや、服をはたいて家に持ち込まないようにするくらいにとどめてなんとかマスクやゴーグルなしの対策方法を考えたいですね。

最善な方法は、花粉が体内に侵入してきても、平気なように免疫力を強化して抵抗力を高めることです。

そのためには、抗ヒスタミン薬を内服したりパタノールやアレジオンといった高い抗アレルギー作用を持つ目薬をすればよいと思います。

今は内服薬は第2世代抗ヒスタミン薬、点鼻薬はステロイドなどと病院で処方される薬の種類はある程度トレンドが決まっています。

しかし、夏の時期に主に飛散するイネ科花粉症の飛散時期は5~9月と長いので、5か月間ずっと抗アレルギー薬を内服しつづけると体に負担がかかります。

そこでオススメなのが毎日、長期間服用しても体に負担がかからない乳酸菌サプリを使用する方法があります。乳酸菌を摂取することで腸内の環境が改善されて免疫力がアップします。アレルギーの症状は腸内環境の異常が原因と言われています。

乳酸菌といえば毎日ヨーグルトを食べることを思い浮かべる人も多いと思いますが、市販のヨーグルトや乳酸菌サプリは、乳酸菌が腸に到達するまえに、胃酸で生命力が失われて効果がかなり減ってしまいます。それに毎日ヨーグルトを食べるのは思いのほか大変です。

オススメするのはラクトプランという乳酸菌サプリメントです。このサプリはl-137という種類の乳酸菌を特殊な加熱加工をすることによって、HK-l137という種類の乳酸菌に変化させてHK-l137を使用しています。

通常の乳酸菌であれば、熱を加えると死んでしまい効果が無くなってしまいますが、l-137は加熱することによってさらに生命力が増します。

これによって、腸まで生命力が強い状態で乳酸菌を送り届けることができ、アレルギーの症状を効果的に緩和できます。

ラクトプランを飲み始めて2週間ほどで体の調子が良くなる実感をした人もいます。つまり効果の即効性が高いということです。

継続して3か月以上使用した人が、購入者の9割を占めていることからもわかる通り、長期で使用することによって体の状態の良さを実感している人が非常に多いです。

l-137を含んでいる製品はラクトプランしかなく、ラクトプランは市販で販売されておりません。公式サイトでのみ購入することができます。

今なら初回お試し1か月で1500円で、1日あたり約50円です。これは市販の抗アレルギー薬であるアレグラの半額以下の値段となっています。(アレグラは1日あたり100~150円かかります。)

副作用もありませんし、継続して長期間服用しても何も問題ないばかりか、体の免疫力が高まるので、風邪やインフルエンザにもかかりづらくなります。ある実験によるとワクチンと同等の効果があったそうです。

ラクトプランは以下から購入することができます。

 

ラクトプランの詳しい口コミは?

イネ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラの花粉症に
なると、ある特定の野菜や果物に対してアレルギー
になる恐れがあります。

最初のうちは、スイカやメロンなどを食べると口周りが
かゆくなったり赤い湿疹ができるといった軽い
症状ですが、何度も繰り返していくうちに全身に
症状が現れ、ひどい場合は血液低下や意識不明
といった場合もあります。

そのため、夏になんらかの花粉症にかかった場合には
食物検査もあわせてすべきです。特にイネ科花粉に
かかると、小麦や米に対してアレルギーを持つこと
があるので注意が必要です。

 

 

もしかしたらその症状は花粉症じゃないかも?

 

 

そもそも、夏の花粉症は北海道では夏風邪に
間違えられたのが由来で、発見されたと言われて
います。実際に、花粉症と風邪の症状は似ていて
区別がしづらい場合が多いです。

夏に注意したい花粉症に似た症状の1つに
夏型過敏性肺炎があります。主な原因は冷房
を使用したときに、エアコンの中にあったカビを
吸い込んでしまうこと
によります。

近年では、冬場にエアコンを使う家庭が
少なくなってきて夏場にしか使わない場合が
多くなってきています。

そのため一年間のホコリやカビがたまった
エアコンを6月頃に一年ぶりに使用すると
大量のカビが空気中に飛散することになります。

イネ科花粉症の対策と治療法と原因

イネ科花粉症の症状に効く市販薬や処方薬まとめ

イネ科花粉症の時期と症状は咳、肌荒れ、目のかゆみ

イネ科アレルギーの時期と症状!咳の薬!田植えは?

イネ科アレルギーの食べ物!米、麦茶、パン

症状としては、体全身がダルくなる、頭痛や
せき、たんの増加
などです。血液検査をして
花粉がアレルゲンで無い場合は夏型過敏性肺炎
が原因かもしれません。

また、夏にも夏風邪というものが存在します。

こちらは花粉ではなくウィルスが原因で
下痢や腹痛、口の中に発疹ができるなど
パッと見たところ、花粉症と明らかに違う
症状がでます。

夏風邪は咳や鼻水はあまりでません。
これも心配だったら早めに病院を受診しましょう。

夏風邪も乳酸菌を摂取することで、症状の発症リスクを下げることができます。

花粉症に効くサプリはこちらをクリック

夏風邪の頭痛や微熱吐き気は長引く?喉や腹痛の症状の原因は?

ブタクサアレルギーの症状や治療

ブタクサ花粉症の飛散時期ピーク予想は?バナナで症状が悪化?

カモガヤアレルギーと果物のメロンスイカの関係!小麦は?

カモガヤ花粉症の時期いつまで?対策と症状と薬!



こんな記事も読まれています

関連記事あります。

コメントを残す

サブコンテンツ