Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kaulia/xn--i6z09j.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

花粉症相談受付!最新治療法の紹介

こんにちは!管理人です!

何をやっても花粉症の症状が治らないで
毎年春のシーズンになると
悩んでいるそこのあなた!

 

ws000000

 

夏や秋になってもイネ科やブタクサ花粉症に
なってしまって、一年中花粉症アレルギーに
悩んでいる方はいらっしゃいますか?

 

花粉症に効果ある酵素ドリンクはこちら

 

そのような方に花粉症の最新免疫療法を
ご紹介致します。

舌下免疫療法や減感作療法、非特異的減感作療法の
いずれでもありません。日本に一つしかない
最新免疫治療です。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

 

どのような方にオススメ?

 

 

病院でもらった点眼薬を使っても
目のかゆみが止まらない

内服薬(アレグラ、アレロック、ザイザル)
を使用してみたけど効果がイマイチだし
副作用の眠気やダルさが嫌

花粉症の注射治療に興味あるけど
注射が痛くてムリだし毎週病院に
通うなんてメンドくさすぎ!
まして治療に数年かかるとか
なおさら受ける気がしない。

 

このように感じている方に特にオススメ致します。

 

花粉症の鼻づまりに効果あるお茶はこちら

 

お問い合わせコーナーからメールを下されば
無償で、病院を紹介致します。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

必ず返信致します。数日たっても返信が来ない場合は
迷惑メールに引っかかっている可能性があるので
ご注意願います。

 

具体的にどのような治療法なの?

 

今回紹介する治療法は、体内の免疫を変えていく
治療法で、アレルギー全般に効果があります。

通常、従来の花粉治療はスギ花粉、ヒノキ花粉のみと
種類が限定されています。

 

花粉症に効果ある酵素ドリンクはこちら

 

しかし、私が紹介する免疫療法はアレルギーの
種類を問いません。ハウスダストなどの
アレルギー全般に効果があります。

皮膚につけるパッチ、点鼻薬(2種類)、皮下注射の
計4種類あります。

パッチと点鼻薬に関しては自宅で使用可能です。

また皮下注射に関しても、痛み止めをオリジナルで
配合しており、お腹に注射するので、他院の肩に打つ
注射よりも痛みがだいぶ軽減されています。

やはり、一番のメリットはスギ花粉だけではなく
様々な種類の花粉症に一度に効果があると
いうことでしょう。

注意点としては花粉症が始まるシーズン前の1ヶ月ほど
前から、治療を開始しないと効果が薄れてしまいます。

そして週に一回、3ヶ月を1クールとします。

気になる費用は月1万円~からとなっています。
保険適用の花粉症の治療と値段は対して変わり
ありません。

また副作用もほとんどありません。
これも大きなメリットでしょう。

 

お問い合わせコーナーからメールを下されば
無償で、病院を紹介致します。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

必ず返信致します。数日たっても返信が来ない場合は
迷惑メールに引っかかっている可能性があるので
ご注意願います。

 

従来の治療との違いは?

 

舌下免疫療法との違いは?

 

舌下免疫療法とはスギ花粉のエキスを
舌に吸収させて免疫をつける方法です。

効果が出るまで2年ほどかかると言われ
4~5年は治療を継続する必要があります。

また11月中には治療を開始しなければ
なりません。

また、スギ花粉のみしか耐性がつきません。
イネ科花粉症やブタクサ花粉症には
効果がありません。

また治療開始時に、口の中が腫れたり
全身がダルくなったりという副作用が
あります。

最新免疫療法ならば3ヶ月で効果がでます。
全ての花粉症に効果がありますし
副作用もありません。

 

花粉症の鼻づまりに効果あるお茶はこちら

 

特異的減感作療法との違い

 

これは、スギやヒノキ花粉のエキスを
薄めたものを皮下注射します。

1年間注射し続けないと十分な効果が
発揮できません。

一年間注射を打ち続けるのは
大変な苦痛や痛みを伴うでしょう。

またイネ科花粉症やブタクサ花粉症には
当然効果がありません。

 

非特異的減感作療法との違い

 

非特異的減感作療法はアレルギー反応を抑制する
ヒスタグロビンという物質を6回1クールとして皮下注射
して、アレルギー体質を改善します。

アレルギー全般に対処できます。

しかし、私は注射の痛みに耐えてまで花粉症を
治したいとは思えません。

最新の免疫療法であれば、注射治療もありますが
痛みは最小限に抑えられています。

 

まとめ

 

最新の免疫療法は、花粉症だけではなくアレルギー全般
に対して効果がありますし、軽度であればパッチを貼る
だけで、症状が緩和されます。

重症の場合は注射を3ヶ月ほど打って頂き
その後はパッチで維持療法する形となります。

 

花粉症に効果ある酵素ドリンクはこちら

 

また、アトピーやガン、体全体の若返りなどにも
免疫療法全般を行っています。

花粉症アレルギー改善以外にも
ガン治療なども紹介できます。

(ここで紹介した治療法とはまた異なりますが)

紹介をご希望の方は
無償で、病院を紹介致します。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

必ず返信致します。数日たっても返信が来ない場合は
迷惑メールに引っかかっている可能性があるので
ご注意願います。

よろしくお願い致します。

サブコンテンツ